宮古島のパワースポット!【ガイドブックに載らない場所有】

眼鏡池
準備・持ち物

日本屈指の美しいビーチを持つ宮古島。

シュノーケリングやダイビング好きはもちろん、日本にいながら海外のビーチリゾートに旅行に来たような感覚を味わえる宮古島は一年を通して国内外から観光客が訪れ、ベストシーズンは宿を取るのも苦労するほどの人気です。

宮古島といえば?と聞けばほとんどの人が「海!ビーチ!」と答えると思いますが、実は宮古島はスピリチュアルな島としても有名。

この記事では、宮古島に訪れたらぜひ立ち寄って欲しい超パワースポット4選をご紹介します。

神話の時代から存在する“漲水御嶽 (はりみずうたき)”

御嶽(うたき)とは、沖縄独自の重要な信仰の中心であり聖なる場所。本来は観光客はもちろんのこと、地元の人ですら足を踏み入れることがタブーとされている聖地で、お世話ができるのは女性のみで男子禁制などいくつもの厳しい決まりがあります。

その土地の神々や島人の生活や祭祀に関わる神々が御出でになる神聖な場所であり、人間と神様が交わる島人の信仰の場でもあります。

沖縄には各地に御嶽がありますが、宮古島で最も由緒ある最高の霊場とされているのが、この漲水御嶽(はりみずうたき)。
そしてなぜか漲水御嶽は人が自由に出入りできる数少ない御嶽でもあります。

かつてここは神話の舞台だった

琉球王国の建国よりも古くから存在しているとされる漲水御嶽には、宮古島創生の神話が残っています。

なんでも、人間がまだこの世に生まれるよりずっと前に、漲水御嶽があるこの場所に神様が天から降りてきて宮古島を造ったとか。
なので、宮古島の人々にとって漲水御嶽は心のよりどころのような存在なんだそうです。

ネコ好きにはたまらないにゃんこスポット

漲水御嶽はネコスポットとしても有名で、たくさんの猫ちゃんたちが漲水御嶽を守り、そして漲水御嶽を管理する方々や近所の方々が猫ちゃんのお世話をしてます。

ここの猫ちゃんたちは人馴れしていて本当に愛らしい。写真の白猫ちゃんは、漲水御嶽の名物猫ちゃん。
参拝の前にお清めようと手水舎の蛇口をひねるとさーっとやってきて蛇口の水を横取りされました。(笑)

いろいろな方のブログや記事を読むと、結構な確率でこの白猫ちゃんが手水舎の蛇口から水を飲んでいる写真が出てきます。ここから水が出てくることを知ってて、それを楽しみにしている白猫ちゃんのようです。可愛い!

漲水御嶽は宮古島の人々にとって、とても大切な神聖な場所。「宮古島に旅行でお邪魔しています」と挨拶に行くのはとても良いことですが、きちんとした振る舞いや服装を心がけましょう。

アクセス・詳細

住所:沖縄県宮古島市平良字西里8
行き方:中心地から徒歩圏内

語り継がれる人魚伝説“通り池”

宮古島の人気観光スポットであり、ダイバーの憧れの地“通り池”は実は強力なパワースポット。

大きな池が2つあり、その2つが地下でつながっていることから通り池と呼ばれています。
とにかくこの池が大きいので、どうしてもカメラには1つしか収まりません。

海の青さとは違う、深い深い青。波がたつわけでもないので、静寂に包まれた大きな池は、とても神秘的で眺めていると不思議な気持ちになります。

この2つの池の誕生にはいくつもの伝説があり、中でも有名なのが人魚伝説。

むかしむかし、漁師に捕まった人魚を助けるために海の王が津波を起こし、人魚を海に連れて帰った。その津波の時にできた跡が通り池になったとか。

他にもジュゴン伝説などいくつかの伝説があるので気になる方は調べてみてください♪

ちなみに駐車場から通り池までの道は美しい緑のトンネルが続きます。

生き生きした緑の真ん中を歩くだけで、なんだか体が浄化されているような気持ちの良い気分になります。
私が訪れた日は、ただ立っているだけでも汗が流れるような猛暑だったのですが、たくさんの緑のおかげなのか、マイナスイオンなのか、はたまた不思議なパワーの影響なのか、この場所だけはひんやりしていました。
SNS映えのフォトスポットとしても有名なんだそうですよ。

アクセス・詳細

住所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田
開園時間:24時間(明るい時間をお勧めします)
定休日:なし
入園料:無料
注意事項:お手洗いは駐車場のみ

世界的に有名な第一級のパワースポット“石庭”

中心地から少し離れたところにある石庭は、世界中の研究家が訪れては絶賛する世界的にみても有数のパワースポットなのですが、実はここ、個人宅のお庭なのでガイドブックには載っておらず、スピリチュアルやパワースポットが好きな方以外、日本人にはあまり知られていない場所なんです。

天からのお告げを聞いた男性が30年かけて1人で作り上げた

この敷地の持ち主であり、石庭を作ったのは、ここに住む新城さんという男性。ある日天からのお告げをいただき、自分が持つ敷地内で石を掘り起こしては並べるという作業を始めました。その期間はなんと30年間。
1980年から始めて2010年までコツコツと作業を進めました。

新城さんがお告げ通り石を掘ろうとすると、埋まっていた石柱から「自力では地上に出られないから力を貸してくれ!」と叫んでいるような感じがしたそうです。

新城さんが30年かけて作り上げた石庭はとても広く、中には多くのパワースポットが存在します。

石庭の地図

一歩中に入ると、ほとんど道はなく、まるでジャングルの中にいるよう。地図があっても自分がどこにいるのか分からなくなります。

私はほとんど全てのスポットを回りましたが歩いている間、ずっと体に小さな電流が流れているような感覚があり、ソワソワしました。
特に“何か”を感じたのは、太陽のサークルという場所。

ここは靴を脱いで裸足で歩くのですが、一歩足を踏み台した瞬間に、足の先からブワッと何かが上がってきて体を通り頭を突き抜けて行った感覚がありました。
不思議と怖さは一切なく、むしろお母さんのお腹の中にいるような、居心地が良く気持ちの良い気分でした。
あまりにも気持ちが良かったので、一周回った後にもう一度戻ってきてまた裸足で歩いたほどです。

一緒に行った友人も、この太陽のサークルが一番”何か”を感じたそうです。

ちなみに、新城さんはこの石庭を作り始めてからというものどこからか声や言葉が聞こえてくるようになったそうで、その時聞こえた言葉を書いたプレートも石庭のあちこちに立てかけてあります。

なんだかとっても不思議な空気の場所でした。私はパワースポット巡りが好きで世界各国のパワースポットを訪れていますが、石庭はその中でも特に体が反応したパワースポットでした。

世界中のスピリチュアル研究者や著名人、名だたる経営者が訪れる知る人ぞ知るパワースポット石庭。宮古島を訪れているのに行かないのはもったいないですよ。

ちなみに!かなり歩きにくいので動きやすい靴でいきましょう。

アクセス・詳細

住所:平良下里2309
電話番号:0980-72-6751
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休
入場料:200円
駐車場:有
注意点:駐車場は新城邸の庭に停めさせて頂けます。玄関から「石庭に入りたい」とお声がけして200円払うと地図をもらえます。

 

日本最南端の神社“宮古神社”

宮古島の中心地から歩いて行けるパワースポットといえば宮古神社。ここは国内最南端の神社として有名で、400年以上の歴史を持つ由緒正しき神社です。
社殿は、鮮やかな朱色で変わった形屋根が特徴的な沖縄らしい佇まい。私は神社好きですが、こんなに鮮やかな屋根を持つ社殿は初めてみました。

旅行好きは、旅行先に着いたらまずはその地の氏神様や近くの神社に「お邪魔します」とご挨拶に行く人たちがいますが、とっても素晴らしい習慣だと思います。

これから始まる宮古島旅行がトラブルなく楽しいものになるよう、一言神様にご挨拶に行ってみてはいかがでしょう。良い旅になったら、最後にお礼参に行くこともお忘れなく♪

ちなみに一番初めにご紹介した漲水御嶽は目と鼻の先なので、せっかくならどちらもご挨拶に訪れてみてください。

アクセス・詳細

住所:沖縄県宮古島市平良字西里5−1
電話番号:0980-72-6137
社務所営業時間:9:00~17:00
御朱印:有
ご利益:海運・商売繁盛・金運など
公式サイト:https://miyako-jinja.com/about.html

宮古島でビーチだけなんてもったいない

宮古島ブルーの美しいビーチを目的に宮古島旅行に訪れる人は多いでしょう。
でも実は宮古島は島自体がパワースポットとも言われるスピリチュアルな島。

島内には、日本国内どころか世界的に見ても強力だと言われているパワースポットが点在しています。
せっかく旅行に行くなら、運気も上げて帰りませんか?

佐々木 舞

31,968 views

好きなものへは超一途! 「何とかなるか♡」で世界を駆け抜け、何とか生きて帰って来た!根っからのノーテンキ女子、トラブルトラベラー佐々木舞! 自己紹介 はじめ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧