• HOME
  • HOME
  • 恋愛
  • 【国際恋愛】パートナーはフランス人!楽しい?めんどくさい?

【国際恋愛】パートナーはフランス人!楽しい?めんどくさい?

恋愛

こんにちは!Shizukuです。

今まではフランスの観光記事だったり、旅のコツだったりをお伝えしてきたのですが、今回は少しカジュアルに、フランスの文化と国際恋愛に関するお話をしたいと思います。

 実は、今お付き合いしている彼はフランス人。つまり国際恋愛中ってわけです。

日本人としかお付き合いしたことがなかった私にとって、初めての外国人彼です。
フランス留学の時に知り合い、フランスと日本の遠距離や、なぜか彼が日本・私がニューカレドニアという遠距離を経て、今は日本国内で中距離恋愛中。もう3年?くらい一緒です。

 と、前置きが長くなってしまいましたが、国際恋愛は文化の違いを実感して、時にぶつかりながら、壁を乗り越えながら付き合っていけることが魅力の一つ。

 ということで、今回はフランス人男性との国際恋愛の面白いことやちょっと面倒なところをざっとご紹介!あくまでも私個人の意見ですのであしからず!

フランス人との国際恋愛の面白いこと

とにかく紳士!

とにかく優しい!甘い!甘い!甘い!!

身体が痛いと言えばマッサージをしてくれたり、ソファーで寝てたらお姫様だっこで運んでくれたりと、まるでお姫様のように扱ってくれます(私の彼だけかもしれないですが笑)。

三人男兄弟だからか、お母さんに女の人には優しく!を小さいころから仕込まれているようで、ドアを開ける、重い荷物は持つなどもスッと自然にしてくれます。こんなにスマートに気遣えるのはすごいといつも思います。フランス人だからなのか、それともただ単に彼が紳士だからなのかはわかりません。笑

いつも一緒!

付き合って1,2週間で家族に紹介してもらいました。そして数カ月でおばあちゃんのお家へお泊りへ。親戚制覇の勢いです。笑 日本だとパートナーの家族に会うことってとてもハードルが高いことですが、フランスだとちょっと認識が違うみたいです。

友達とのパーティーにはいつも連れて行ってくれるし、本当にいつでもいっしょ

家事は分担!

日本だと料理は女性がやること!というジェンダーステレオタイプがまだまだあると思いますが、共働きが普通なフランスでは家事は分担してやるのが当たり前

料理は基本家族一緒に、ご飯を食べるときも一緒!私の彼は料理が好きなので、2人で料理をしますし、よくフランス料理をふるまってくれます。働きたい私にとってジェンダーで色々なことを決めつけないフランスの考え方はとても好きだし心地がいいです。

甘い言葉?

よく「外国人は甘い言葉をよく言う」といいますが、私の彼はそんなに毎日言ったりしません。フランス人の彼氏あるある、モナムールやプチタンジュという彼氏彼女への甘い呼び方で呼ばれたこともほぼないです(笑)。やっぱり極論人によりますよね。そんなもんです。

でもたまーにフランス人っぽいことを言ってきたりすることもあって、その度にびっくりします。笑

フランス人との国際恋愛のちょっと面倒なところ

不満がましい

フランス人はよーく不満を言う」ということは有名ですが、本当にそれ!

前にイタリアのローマに旅行へ行った時、「レストランのごはんがおいしくない!これじゃ学食だ!いや、学食でもナイフとフォークはプラスチックじゃない!」とずっと不平をこぼしていました。

はいはい、と諭していますが、ちょっと面倒です(笑)

グルメすぎる

これはいいところでもあるのですが、フランスに生まれた彼は超グルメ。食へのこだわりが半端じゃないのです。特にフランス料理を作っているときはこだわりがすごい。調味料にこだわる、材料にこだわる、調理器具にこだわる……。無頓着な私にはそのこだわりが理解できません。笑

この前ラタトゥイユに「味うすいなー」と思って醤油を入れたら怒られました。当たり前か。

フランス男性との国際恋愛まとめ

極論人それぞれだと思うので、一概にフランス人との国際恋愛はこうだ!とあてはめられるものでもないと思います。

ただ、文化の違いはたくさんあって、それを見つけていくことが国際恋愛はとても楽しくもあります(もちろん大変でもありますが!)。

ぜひ機会があればフランス人男性と国際恋愛、チャレンジしてみてくださいねー!

ピックアップ記事

関連記事一覧