男女別モテ英語ベスト3!!世界一モテる英語を使うのはどの国!?

キスをする外国人カップル
英語・語学

こんにちは。
TOEICスコア980点、言語学を専攻していたバイリンガルMisakiです。

前回は世界各国の英語の違いについて話しましたが、

今回は、男女別のモテ度ランキングを大発表! 

あくまでMisaki調べですが、結構いい線いってると自負しております。

ランキングは、女性にモテる英語、男性にモテる英語のそれぞれTOP3まで!
イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、スコットランドの対決です!

女性にモテる英語ランキング!

3位:オーストラリア

犬と戯れる外国人男性

性格がよさそう!というオーストラリア英語。
イギリス英語は回りくどい表現が多かったり、冗談のセンスがシニカルだったりするのですが、オーストラリアはそれがマイルドになった印象です。アメリカ人の女子からは、アメリカ英語だと普通すぎるし、イギリス英語って柄じゃない・・・オーストラリア英語のワイルドっぽい感じが好き!という意見がありますよ。 

2位:アメリカ英語

ソファーに座る外国人男性

オールマイティで可もなく不可もないので、イギリス英語は鼻につく・気取っている、と感じる女子には無難なようです。
アメリカ映画やドラマ、音楽が世界中に広まっているので、理解しやすく親しみがある英語として受け入れやすいのもありますね。
イギリス人のアーティストも、歌う時にはアメリカ発音に近づけるのが常識化していますよ。Misaki的には、南部英語がなんだか可愛く聞こえて好印象です♡

1位:イギリス英語

花束と男性

断トツです。間違いないです。

そもそも現在の英語圏の国々はイギリスの統治・植民地から始まっており、本国への憧れは無意識だとしても根底にあります。
また、上品・頭がよさそう、といったイメージもしっかり世界で定着しています。

そう、イギリス王室ヒュー・グラントのイメージ!

実際、ニューヨークの上流階級の間では、何十年か前に「r」発音を省くイギリス英語によせた話し方が流行したそうですよ。

イギリス英語特有の回りくどい話し方は、それを取り入れたニューヨーク上流階級の話し方として「ゴシップ・ガール」などでも真似されています。(注:アクセントはアメリカ英語です) チャックやブレアが話す英語は、その辺の高校生が話す英語ではありません。わざと上流階級っぽく、大人びた表現を多用しているのですね。お分かりかと思いますが、イギリス英語を話すおバカ男子は山ほどいるので騙されないように!  

 

続いて!これから英語を学びたい女子は要チェック!笑

男性にモテる英語ランキング!

3位:カナダ・オーストラリア英語

楽しそうに笑う外国人女性

あまり癖のないカナダ英語と明るいイメージのオーストラリア英語の人気は同じくらい。
本来、万人受けするのはカナダ英語ですが、ミランダ・カーニコール・キッドマンがオーストラリア英語のイメージを押し上げているのかも。 

2位:イギリス英語

石段でほほ笑む女性

いいところのお嬢さんイメージなのか、やっぱり憧れがあるんですね。

カリフォルニアガール系のおバカキャラが苦手な男子には、ちょっと知的で一味違うイギリス英語が刺さるみたいです。
もちろん、イギリス英語女子だからと言ってみんなお育ちがいいわけでは全くありません。笑。
ちなみに、イギリス英語女子が好きな男子は、アジア女子好き度も高い気がします。

1位:カリフォルニア英語

サーフィンをする女性

万人受けします。
特に
カリフォルニアガールが使うような言葉使いがモテます。
そんなタイトルの曲もたくさんありますよね。

映画「キューティ・ブロンド」なんかが典型例。
現実世界だと、
キャメロン・ディアスパリス・ヒルトンといったところでしょうか。
悩みなしで天真爛漫に明るく育ったような、悪く言えばちょっとおバカそうなアメリカ英語女子が、世界の男子に
「可愛い」「一緒にいると楽しそう」と思われるのですね。

最後に

外国人の女の子

英語には色々なバリエーションがありますが、日本人が学びやすいのはメジャーなイギリス英語かアメリカ英語になると思います。

アメリカ英語は巻き舌を使う発音や日本語にはない中間音が多いので、Misaki的に日本人はイギリス発音の方がマスターしやすいのではと思います。

最近はアメリカ英語に触れる機会の方が多いですが、昔から日本語に取り入れられてきたのはイギリス英語が基本なので、違和感も少ないかもしれません。 

留学や長期滞在した後で訛りを修正するのは至難の業。

あなた自身のイメージやキャリアに関わってくるので、行き先を決めるときはぜひ参考にしてみてくださいね。 

ピックアップ記事

関連記事一覧