【トロント4泊6日】冬のトロント大満喫!女子旅モデルプラン【DAY1&2】

トロント
国・観光情報

仕事を頑張った自分へのご褒美旅行に行ってきたありすがわゆうこです。
たまにしか会えない友達とショッピングもグルメもアクティビティも、思いっきり楽しむために選んだのは、冬のトロント
確かに噂通りの極寒でしたが、それでもとっても楽しい旅行になりました。
ということで!今回はクリスマスシーズンでもある冬のトロントを大満喫する4泊6日のモデルプランを作ってみました!(紹介するスポットは全て実際に私が足を運んだ場所です)

DAY1 移動

18:00 羽田空港

夕方の便でいざトロントへ!
利用したのはエアカナダ。
機体も新しく綺麗、かつエンタメ類も充実していて、思わず寝るのを忘れて映画を観てしまいました。
日本からの直行便が出ているからか、日本語字幕の映画が多かった印象があります。

17:00 トロントピアソン空港

時差の関係で、同日夕方にトロントに到着!なんだか得した気分ですよね。(日本との時差-14時間)
空港からホテルに向かいます。

利用したのは、オレンジと緑の車体が特徴的なBeck Taxi。
今回の旅はグループでの行動、かつ色々な場所を巡るプランになっているので移動手段は主にこちらのタクシーを利用しました。
メーター制でぼったくりの心配もなく、運転手さんも優しい人が多かったので移動中の車内はワイワイと会話を楽しんだり、おススメ情報を聞きながらのドライブとなりました。

Beck Taxi

https://www.becktaxi.com/mobile/
流しのタクシーに乗ることも出来ますし、時間や場所が決まっていれば事前に手配することも可能です。

セダンタイプが主流ですが、大きめのSUVタイプもあるのでグループの人数が5人以上の時にはこちらの車種を指定することをおススメします。
今回私たちは5人で行動していたのですが、事前にタクシーを予約していなかったときはセダンタイプ2台に分かれて行動することもありました。

18:00【チェックイン】ホテルへ

まずはホテルにチェックイン。
今回の旅でお世話になったのは、かの英国エリザベス女王やロイヤルファミリーも滞在したり、映画の撮影にも使用されるトロントの老舗ホテル、フェアモントロイヤルヨークホテルFirmont Royal York Hotel)です。

フェアモントロイヤルヨークホテル

トロントのシンボル、CNタワーから徒歩5分程、鉄道会社カナディアンパシフィックが【トロントの中心ユニオン駅に隣接するホテルを】ということで創設された為、ホテルと駅は地下で繋がっており交通の便もばっちり!
ホテルの地下街はトロント中心部の各施設やお土産も買えるショッピングエリアに繋がっていて、冬の寒い間も安心して観光やショッピングが楽しめます。

今年はオープンから90周年のアニバーサリーイヤーということもあり、お祝いムード一色のホテル内は豪華絢爛。
特にロビーにはホテルのシンボルである時計塔と、メインツリー&お菓子の家が登場しロマンティックな雰囲気が溢れていました。

フェアモントロイヤルヨークホテル

お部屋にはスタッフさんからのメッセージカードとマカロン、ウェルカムドリンクが。
高級ホテルならではのこういった心遣いがとても嬉しいですよね!
また、海外のホテルには珍しくスリッパやシャンプー、ボディソープなどのアメニティ類も充実していました。
ただ、歯ブラシセットがなく代わりにマウスウォッシュが置いてあったので、日本から持っていくか現地で歯ブラシセットを購入することをおススメします。

荷物を整理したら、いざ夜のトロントの街へ!

Fairmont Royal York Hotel

https://www.fairmont.com/royal-york-toronto/
ご褒美旅行や、パートナーとの記念日旅行で訪れたい高級ホテル。
サービス、設備、立地の良さというホテルに求める三大要素がしっかり揃ったホテルでした。
特にスタッフさんが気さくで、親しみやすいサービスをしてくれるのがお気に入りポイントです。

19:00 【夕食】日本食レストラン CHOTTO MATTE

移動日でもある初日は、ホテルから徒歩で行けるレストランで夕食をとることにしました。

大人気ドラマ『SUITS』の撮影でも使用されたビルや、ライトアップされたCNタワーを横目にワンブロック歩くとサイケデリックな装飾が特徴のレストランが見えてきます。
日本食のフュージョン料理屋さんのCHOTTO MATTEです。

CHOTTO MATTE

『ちょっと待って』というネーミングも、サイケデリックな壁紙や照明に彩られた店内に寿司カウンターや日本酒の樽が並ぶ姿も、日本人が考える日本食レストランとはかなり趣が違いますよね。

CHOTTO MATTE

お寿司を始めとした日本食を中心に、ステーキなどの肉料理を頂きましたがどれも美味しかったです。

CHOTTO MATTE

またスタッフさんで日本酒に詳しい方が居たので、その方におすすめの日本酒を出してもらって楽しみました。
飲んで食べて喋って、いつまででも楽しめる場所でしたが、翌日に疲れを残さないためにも22時ごろにはお店を後にしました。

CHOTTO MATTE

https://chotto-matte.com/toronto/

営業時間:月~水 11:00~0:00 木~土 11:00~深夜2:00 日 11:00~23:00
住所:161 Bay St, Toronto, ON M5J 2S1 カナダ

22:00 【スーパーマーケット】Long’s

ホテルに帰る前に駅を挟んだところにある大型スーパーマーケットに寄り道。
部屋での夜食用や次の日からの街歩き用に、スナック菓子や飲み物をゲット!
ここにはお土産購入のため後日また訪れましたが、
遅くまで開いているので助かります!

Long’s Maple Leaf Square

https://www.longos.com/store/maple-leaf-square

営業時間:月~日 7:00~23:00(12月24日~1月1日のホリデーシーズンは営業時間が異なるのでHPを確認してください。)
住所:15 York St, Toronto, ON M5J 0A3 カナダ

DAY2 トロントの人気観光地巡り

9:00 【朝食】滞在ホテル内のレストランへ

フェアモントロイヤルヨークホテルのREIGIN

美味しい朝食から1日がスタート!
ホテル1階にあるダイニングレストランREIGNで頂きました。
ビュッフェ形式にするか、メニューから注文するか選べます。

フェアモントロイヤルヨークホテルの朝食

ビュッフェはそこまで品数が多くない印象だったので、メニューから注文の方がおススメです。
出来たてが頂けるほうがお腹も気持ちも温まりますよね。

フェアモントロイヤルヨークホテルの朝食

お腹いっぱい!パワーチャージが出来たら市内観光に繰り出します。

10:00 【名所】CNタワー

朝一で向かったのは、トロントの中心にそびえるシンボルCNタワー。地上346m、トロントを一望できる展望台からの景色は圧巻です!
トロントの街並みがミニチュアのように見えました。

CNタワー

今日の日程と合わせて位置関係を確認しながら、展望台を一周。

メインの展望台の一つ下の階には、床がガラスになっている場所があり、遥か下にある街並みが見えるようになっていました。

CNタワー

私はあまりの怖さに真ん中まで行くことが出来ませんでしたが、スリルを求める方はぜひ!

ちなみに、もっと刺激が欲しい方にオススメなのがこのエッジウォーク!

CNタワーのエッジウォーク

写真を見るだけでもお尻がもぞもぞしてしまうアクティビティー!
怖いもの知らずのあなたはぜひ!

帰る際に気付いたのですが、地上と展望台を繋ぐエレベーターも床の一部がガラスになっていて、最後の最後までスリル満点の体験となりました。
CNタワーはかなり人気の観光地。荷物検査やチケットチェック、エレベーター待ちなど展望台に上がるまで思ったよりも時間がかかったので、朝早い時間帯など混まない時間帯に行くか、余裕を持ったスケジュールを立てることをおススメします。

CNタワー

https://www.cntower.ca/en-ca/home.html

営業時間:9:00~22:30(12月24日~1月1日のホリデーシーズンは営業時間が異なるのでHPを確認してください。)
チケット:$38~(エッジウォークなどアクティビティを楽しむときには追加チケット必要です。)
City pass:13歳以上$73.37(4歳~12歳$50.24)公式サイトからモバイルパスが購入できます。
トロントの観光スポットを5ヵ所利用できて、それぞれの施設でチケットを買うよりもお得になる割引パス。利用できる施設はCNタワー、ロイヤル・オンタリオ博物館、カサ・ローマ、リプリーズ水族館の四つに加え、トロント動物園かオンタリオ・サイエンスセンターのどちらかが選べるようになっています。
住所:290 Bremner Blvd, Toronto, ON M5V 3L9 カナダ

11:30 【水族館】RIPLEY’S AQUARIUM

次に向かったのはCNタワーのお膝元にある水族館RIPLEY’S AQUARIUM。

RIPLEY'S AQUARIUM

悠々と泳ぐサメを下から眺められるデンジャラスゾーンや、水をどのように循環利用しているのか分かるライフサポートシステムコーナーなどいくつかのエリアに分かれていました。

RIPLEY'S AQUARIUM

また、小さな生き物と触れ合ったり水力活用の仕組みを学べる体験展示があったりと、見て楽しむだけじゃなく体験しながら学ぶことができる水族館です。

RIPLEY'S AQUARIUM

館内にはカフェがありのんびり過ごしている家族連れや友達グループが目立ちました。

出口付近にあるお土産物屋さんは、飾り付けが可愛らしくてお買い物欲求が…!

RIPLEY'S AQUARIUM

更には、毎月第2金曜日19:00~23:00はジャズコンサートが開催されるとのこと!
オシャレなジャズをBGMに水族館デートなんて凄いロマンチックなんだろうな、と妄想をしつつ、次回トロントに来た際のやりたいことリストに入れておきました。

RIPLE’S AQUARIUM

https://www.ripleyaquariums.com/canada/

営業時間:9:00~23:00(年中無休。ただし年末など日によって閉館時間が変わるのでHPのVISIT→HOURSで営業カレンダーを確認してください。)
チケット:$8~(年齢や入場時間によって料金が異なるので注意してください。14歳~65歳の方で時間に関係なく入場できるEXPRESS ANYTIME TICKETは$39です。)
住所:288 Bremner Blvd, Toronto, ON M5V 3L9 カナダ

13:30【街歩き】Kensington Market

トロントの街並みちょっとだけ時間が空いたので、古着、オシャレなカフェ、グラフィックアート、カラフルな建物がギューッと集まったコンパクトながら見所満載なケンジントンマーケットに寄り道してみました。
高層ビルが立ち並ぶ街の中心部に比べると、ヒッピーな雰囲気が漂う下町感があり、トロントの違う一面が見れました。

ケンジントンマーケット

時間がなくお散歩するくらいしか出来ませんでしたが、オシャレな街並みを眺めているだけで楽しく過ごせました。ケンジントンマーケット

あっちにもこっちにも入ってみたいカフェやショップが沢山あったので、次回はもっと時間を確保して行ってみたいです。

Kensington Market

http://www.kensington-market.ca/Default.asp?id=home&l=1
住所:Kensington Ave., Toronto

14:30 【グルメ&ショッピング】セント・ローレンスマーケット

セント・ローレンスマーケット

遅めのランチも兼ねて、トロントの中心に位置するセント・ローレンスマーケット(市場)へ。
このマーケットは200年以上の歴史を持つ、巨大な市場です。
元市庁舎を改築したレンガ造りのセント・ローレンスマーケットは2012年には【世界最高の食品市場】にも選ばれ、トロントを代表する観光地の一つです。
トロントの中心ユニオン駅からも徒歩10分ほどの為アクセスもばっちり!

セント・ローレンスマーケット

2階建てのマーケット内には120もの店舗が並び、生鮮食品、惣菜、お菓子、お酒、キッチン用品、アクセサリーに骨董品、冬のシーズンならクリスマスツリー用の生木まで!
カナダ名物のメープルシロップももちろん購入できます。

セント・ローレンスマーケット

何でもそろうトロントの台所といった感じで観光客はもちろん地元の方もたくさんいて、とても賑わっているマーケットでした。
マーケット内にはこのようなテーブルとイスが各所に設置され、マーケット内で購入したものをすぐに食べられるようになっていました!

セント・ローレンスマーケット

今回はそんな市場の中をガイドさんと共に巡りながらカナダの名物料理を堪能できるツアー、カナディアンフードツアーに申し込みました。
所要時間は3時間で料金は一人75ドル、ツアーでまわるお店の料理代金も含まれています。
効率よく、そして本当に美味しいものを食べたい方ならツアーを利用するのもオススメです。ツアーサイトはこちら。

余談ですがなんと、私たちのガイドをしてくださったのは前日夕食をとったCHOTTO MATTEの日本酒マスター(と勝手に呼ばせてもらっていた笑)マッケンジーさん!
思わぬ偶然にびっくりしつつも会話が弾み、マーケットの歴史や食べたカナダ名物の料理について教えてもらいながらの楽しいツアーとなりました。

セント・ローレンスマーケット

ちなみに頂いたカナダ名物の料理は全部で7つ。

ピエロギ、ラトケス、メープルクッキー、ピーミールベーコンサンド、バターパイ、チーズの盛り合わせ、生牡蠣2種と盛沢山でした。

セント・ローレンスマーケット

セント・ローレンスマーケット

セント・ローレンスマーケット

マーケット内を散策したあとは、聖ジェームス教会やトロントが街として出来上がった当時1番背の高かった歴史ある建物などを教えてもらいながらの歴史散策をしつつホテルまで戻ってきました。

ST.Lawrence Market

http://www.stlawrencemarket.com/
営業時間:南棟→火~木 8:00~18:00、金 8:00~19:00、土 5:00~17:00
北棟ファーマーズマーケット→土 5:00~15:00
アンティークマーケット→日 夜明け~17:00
住所:93 Front St E, Toronto, ON M5E 1C3 カナダ

18:00 【クリスマスイベント】ライトニングセレモニー

フェアモントツリー

旅行に行った時がちょうどクリスマス前だったので、宿泊していたホテルロビーで開かれたメインツリーの点灯式に参加してきました!

フェアモントツリー ライトニングセレモニー

大勢の人で溢れかえり、特設ステージを兼ねたお菓子の家からはサンタさんが登場したり、ホテルスタッフによるツリーや90周年に向けてのスピーチ、クリスマスソングの生歌の披露がありました。
ドレスアップした人や、ツリーの周りで無邪気に遊ぶ子供たちがとても可愛らしかったです。

20:00 【夕食】Jack Astor’s Bar&Grill

またしてもホテルからワンブロック隣、と近場で見つけたカジュアルバーレストランです。

Jack Astor's Bar&Grill

このレストランは飛び込みで選んだのですが、クラフトビールの品揃えが良かったり、カナダ名物プーティンを食べたり、スポーツ観戦出来たり、楽しい時間を過ごせました。

Jack Astor's Bar&Grill

ちなみにこちらがプーティン。
カナダの伝統料理で、フライドポテトにグレイビーソースと粒状のチーズカードをかけた料理。
カナダではマクドナルドなどのファーストフート店のメニューにもあるくらいどこでも食べることができるのですが、お店によって味が違うので色々な場所で食べ比べてみても楽しいかも!

Jack Astor’s Bar&Grill

http://jackastors.com/
営業時間:月~日 11:00~深夜2:00
住所:144 Front St W, Toronto, ON M5J 2L7 カナダ

トロント初日と2日目はこれで終了!行きたいところ、名所をしっかり抑え、効率よく観光できたんじゃないかと思います。

3日目からの旅行の様子はこちらから!

ありすがわ ゆうこ

1,402 views

< 旅スタイル > プチホームステイ →Airbnbや現地の友達の家に泊まりながら旅をしてます。 可能な限り同じ都市に10日前後滞在しながら、観光もしつつそ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧