モスク女子がオススメする!マレーシアのブルーモスクって?!

ブルーモスク
国・観光情報

みなさんはモスクってご存知ですか?
そう、イスラム教徒が神様に対して礼拝を行うための施設ですね。

私は宗教に興味があって世界を旅するのですが、今回はそのモスクについてお話しさせていただこうと思います。

その前に…。

私が、モスクの話をしたり、イスラムについての魅力を友達や家族に話そうものなら、口を揃えてこう言うんです。

イスラム教って危なくないの?」

私からすると、なんでそうなっちゃうの!?っていつも悲しくなるんです。(もちろんみんながそう言う訳ではないんですが、実際のところ、イスラム教=「なんか怖い」と連想してしまう方は多いのではないかと…。) 

なので今までに、私が綺麗だと思ったモスク、そこを訪れた時のことを少しずつお話しできればいいなぁ、と思います。そして、モスクを通して、イスラムに対する偏見を無くしたいというのが私の願いです!

前置き長くなりましたが、本題行きます!

今回ご紹介するのは、マレーシアのスルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスクです!
名前が長くて一生覚えられる気がしないこのモスク(笑)、通称ブルーモスクと言われています。

ブルーモスクとは

ブルーモスク

こちらのモスクはマレーシアでは最大、世界では四番目の規模だそうです。
ドームを取り囲むミナレット(尖塔)は世界屈指の高さ。

内部は地元の方が案内してくださいます。私が訪れた日は、日本人の女性がいらっしゃって、その方が案内してくださいました。マレーシア人と結婚されて、イスラム教に改宗されたとのこと。とっても綺麗で品があって、気さくな優しい方でした。

ブルーモスク

大きさに圧倒されます。青い空に青いドームがよく映えて綺麗です。

ブルーモスクの内装

内装もこの美しさ。見惚れてしまいます。 

ブルーモスクの内装

こちらの絨毯はただ綺麗な模様というだけではなく、この模様一つに一人立つことで、大勢の人が並んでお祈りする際に綺麗な列になるとのこと。
とても理にかなっているんですね。

 ステンドグラスは青を基調としているので、モスク内も青々としていて、それがまた神聖な空間を感じさせてくれます。

また、マレーシアはすごく蒸し暑いのに、モスクの中に入ると涼しいんです。
こうなると信者の方は、お祈りしにモスク行こう〜という気持ちになりますよね。(笑)

モスクの空間づくりからもわかるように、イスラム教って決して苦を感じさせる宗教ではないのです。

上部はこんな感じ。
ブルーモスクの天井

モスクの上部が大好きで、中に入った時にいつも思わず上を見て「わぁ♡」ってなります(笑)

ちなみにこちらのモスク、夜間ライトアップしますが、私は飛行機の時間があったので見られませんでした。なので、また必ず訪れたいと思っています。

ブルーモスク詳細

クアラルンプール郊外のシャー・アラムという街にありますが、日帰りで行けます!
観光客があまりいなくて、モスク周辺静かでした♡オススメ。

内部を見学できる時間は決まっています。

月ー木:10時〜12時/14時〜16時
土日祝:10時〜12時/14時ー16時/17時〜18時半

金曜日は礼拝のため見学できないor見学時間が短いようなので注意。(情報は変わるかもしれないので事前に最新情報をチェックしてください)

モスク内では女性は髪の毛と肌は隠さないといけません。(男性も半ズボンとかはNGです)
私は持参していたので借りなかったのですが、肌や髪の毛を隠す衣装も貸していただけるそうなので安心!

モスクは本来お祈りをする場所なのでお邪魔しているということを忘れず、あまり露出しすぎてない格好、スカーフ持参などしている方が地元の方からの印象も良いのではないかと個人的には思います。 

マレーシアのモスクをもっと知りたい方はこちら!

では今回はこの辺で!

イスラムの魅力を少しでもわかってもらえますように願いを込めて♡

ANZU

47 views

海外ひとりで行くくせに超人見知りで道を聞くのもドッキドキ(笑)だけど自分の中の好奇心をどうにも抑えられない!計画性がない行き当たりばったりの世界お散歩トラベ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧