2017.08.11

【聖地巡礼 イタリア】インフェルノのボーボリ庭園へ行ってみた〜フィレンツェ旅〜

Yuco | 17

220 view

 

今回お届けするのは、フィレンツェで行った聖地巡礼の一つ!

「インフェルノ上巻25章160~186ページ」に描かれるシーン。

主人公ラングドン教授と、美人女医のシエナがボーボリ庭園内を逃走する場面!

この二人が辿った足取りを見て回ってきました^^

 

 

そもそも「インフェルノ」って?

聖地巡礼シリーズは私の大好きな作品ばかりです。せっかくなので作品の紹介もさせてもらいますね!

 

ダン・ブラウン作「インフェルノ」

ダン・ブラウンが描くラングドン教授シリーズの4作目となるのがこちらの作品です。

「ダヴィンチ・コード」「天使と悪魔」と同じくトム・ハンクスを主演にした同名の映画でもおなじみです!

ラングドンはハーヴァード大学宗教象徴学の教授です。

普段はハーヴァードの学生たちを相手に授業を行いつつ、自身が学生の頃から好きな水泳で、しっかり体も鍛えてる文武両道な学者さんです!

そんなラングドン教授が、持ち前の知力と体力で、あらゆる美術作品に隠された謎や、殺人事件を解決していきます。

作品内にはあらゆる時代の美術作品や建築物が登場し、思わずその作品を生で見たくなってしまう魅力に溢れています!!!

私はその魅力に取りつかれた結果、イタリアまで行っちゃったんですけどねww

 

 

 

ボーボリ庭園に行ってみよう!

まず、作品内にもあるようにボーボリ庭園に隣接するピッティ宮殿からチケットを購入し入園します。

いくつかの施設の共通券になっており、その中の一つの施設に入るのに10ユーロだったと思います。

ピッティ宮殿も見て回りたかったですが、時間も無かったのでボーボリ庭園に向かいました。

 

 

 

逃走劇のスタートだ!!

ラングドン教授達は、画面左の赤いチェックポイントの辺りからボーボリ庭園を抜け、画面右のピッティ宮殿、そしてそこから伸びるヴァザーリの回廊を抜けウフィツィ美術館へ逃走を試みます。

・・・・これが広いんだわ。

とてつもなく遠いんだわ。

しかも庭園の中心部に行くほど丘に昇るみたいに起伏が激しいのね。

ここを、偵察機に見つからないようにダッシュで逃げるとか。

体力あり過ぎだよ教授ww

 

 

 

第一の関門「ラ・チェルキアータ」

ここね、たどり着いたとき「うわ、壁じゃん」って思ったの。

写真だとそうでもないかもだけど、斜度がすごい急で終わりが見えないでしょ。

砂利道だし急だし終わり見えないし。。。。。。
早くも心折れかけました。

 

 

 

第二の関門「ネプチューン・ファウンテン」

「水柱が二十フィートの高さまで噴き上げている。」

、、、、噴き上げてないよねー?????

すごくのどかな池だよ?

カモとか泳いでるよ?

 

 

 

第三の関門「ピッティ宮殿・オベリスク・世界最大のバスタブ」

 

 

ぶれてる写真も含めて伝わるだろうか、この傾斜

先ほどのネプチューンさんのとこから宮殿までひたすら坂を下ります。

舗装されてたり不意打ちで砂利だったりするから、慌てると危険w

 

手前の私と比較してもわかる、このおっきなバスタブ。

「ローマのカラカラ浴場から運ばれた石の大水盤」

という歴史的に価値あるものだけど、本当に日本のお風呂にありそうなバスタブでw

古代ローマの人もこんなお風呂入っていたのかと親近感が湧きました。

 

 

 

第五の関門「ブラッチョ・ディ・バルトロ」

ただ、一言「きもい」

小説内でもぼろくそ言われている可哀そうな銅像。

観光客出口のすぐ側にひっそり佇んでいます。

 

 

 

第六の関門「ブオンタレンティの洞窟~グロッタ」

 

「グロテスク」という言葉の語源にもなった洞窟。

天然の鍾乳石を利用した人工洞窟です。たくさんの人や生き物が壁から這い出しているような、もしくは壁に吸い込まれているような。鍾乳石が皮膚がただれたようにも見えてとにかく”グロい”です。

 

 

 

第七の関門「ヴァザーリの回廊に通じる扉」

先ほどの洞窟のすぐ側にあります。

ここがあのヴァザーリの回廊と繋がっているかもなんて!
(もちろん開かなかったけどね)

ここから、教授とシエナは脱出を図ることになります。

二人がその後どうなったのかは、ぜひ作品で確認してみてください!

 

こちらがその時の動画になりますので、良かったら合わせてチェックしてみてくださいね!

この記事をシェアする

いいね!して、
私たちと一緒に旅に出よう!

この記事を書いた人

Yuco

Q、結婚式から1年も経ってないのに別居ですか? A、いえいえ、私は留学に行くんですよ! というわけで、そんな私の留学前後のあれやこれ!お伝えします!

プロフィールを見る

この人が最近書いた記事

この人が最近紹介した商品

    現在商品はありません。

記事を書いてみる

関連記事

Pickup Member

ダーリンはアメリカ人! 関西生まれの関西育ち、夫婦で世界一周中の美人人妻、キャサリン!

  • 今日
  • 今週
  • 今月

記事ランキング

  • 【ワーホリのお仕事事情】ジャパレス経験者が答えます!海外の日本食レストランで働くメリット、デメリット!
    【ワーホリのお仕事事情】ジャパレス経験者が答えます!海外の日本食レストランで働くメリット、デメリット!
    97view
  • マレーシア旅その16♡クアラルンプール→バンコク 寝台列車での行き方④
    マレーシア旅その16♡クアラルンプール→バンコク 寝台列車での行き方④
    70view
  • 所要時間たった3時間!シーシャにスークにモスク!急ぎ観光でも満足できる国「カタール」!
    所要時間たった3時間!シーシャにスークにモスク!急ぎ観光でも満足できる国「カタール」!
    67view
  • 【芸術の都フィレンツェ】絶対行くべき!スポットとグルメ
    【芸術の都フィレンツェ】絶対行くべき!スポットとグルメ
    33view
  • 【南米 ブラジル】7日間で地球の裏側へ!不思議な秘境レンソイス国立公園その①
    【南米 ブラジル】7日間で地球の裏側へ!不思議な秘境レンソイス国立公園その①
    28view
  • マレーシア旅その15♡クアラルンプール→バンコク 寝台列車での行き方③
    マレーシア旅その15♡クアラルンプール→バンコク 寝台列車での行き方③
    576view
  • マレーシア旅その16♡クアラルンプール→バンコク 寝台列車での行き方④
    マレーシア旅その16♡クアラルンプール→バンコク 寝台列車での行き方④
    349view
  • 【女子大生の世界一周】きっかけは?費用は?帰国後は?全部答えます。ANZUの場合
    【女子大生の世界一周】きっかけは?費用は?帰国後は?全部答えます。ANZUの場合
    212view
  • 【世界のお土産】あなたは何派?!旅人が集める各国のお土産♡
    【世界のお土産】あなたは何派?!旅人が集める各国のお土産♡
    193view
  • 転職のタイミングがチャンス!世界一周航空券で3カ月100万円の世界一周。
    転職のタイミングがチャンス!世界一周航空券で3カ月100万円の世界一周。
    147view
  • マレーシア旅その15♡クアラルンプール→バンコク 寝台列車での行き方③
    マレーシア旅その15♡クアラルンプール→バンコク 寝台列車での行き方③
    576view
  • 5つの英単語しか知らない女が外国人と恋に落ちた。国際恋愛で英語力は本当に伸びるのか?(前編)
    5つの英単語しか知らない女が外国人と恋に落ちた。国際恋愛で英語力は本当に伸びるのか?(前編)
    481view
  • 【オススメ 旅アプリ】Loco:Beeっていう世界で一番小さな相棒を知ってる?
    【オススメ 旅アプリ】Loco:Beeっていう世界で一番小さな相棒を知ってる?
    439view
  • 【人生は旅であり、旅は人生である②】 年を取ることに不安を感じているあなたへ、アンチエイジング医学の考え方もまじえて
    【人生は旅であり、旅は人生である②】 年を取ることに不安を感じているあなたへ、アンチエイジング医学の考え方もまじえて
    423view
  • 【海外旅行 英語】旅に英語は必要?必要です。あなたの世界が変わります!
    【海外旅行 英語】旅に英語は必要?必要です。あなたの世界が変わります!
    360view

おすすめ記事

  • 【芸術の都フィレンツェ】絶対行くべき!スポットとグルメ
    mimi
    114view
  • 【ネイティブ英会話 褒め言葉】キャサリンのEnglish Lesson3
    キャサリン
    601view
  • 【オススメ 旅アプリ】Loco:Beeっていう世界で一番小さな相棒を知ってる?
    佐々木 舞
    439view
  • イタリア人男性は本当にプレイボーイなのか。体を張って検証してみた
    佐々木 舞
    2,663view
  • 男がガッカリした女旅人Best3 —宿泊編—
    りの
    1,448view

お知らせ

  • 2017.05.13

    【お詫び】

    5月12日夜、運営側の誤りで本来まだアップするべきでない記事を出してしまいました。
    記事を書いてくれた女の子は普段、とてもわかりやすい文章を書いてくれているライターさんです。
    二度とこのようなことがないよう強く反省、対処するとともに、日頃より旅美女会を見守ってくださっている皆様、そして何より記事を書いてくれた女の子に心よりお詫び申し上げます。

    誠に申し訳ございませんでした。

    旅美女会運営チーム一同

  • 2017.1.28

    旅美女会が第一回旅イベントを開催します!その名も【男子禁制旅女子会】旅美女会メンバーと男性がいたら出来ない話で盛り上がりませんか?!
    参加者募集中♡

  • 2017.1.23

    みなさまお待たせしましたっ!旅美女会ホームページが更に使いやすく、そして可愛くリニューアル♡あーんど!スマホ、タブレット用サイトがリリースしましたー!!旅美女たちのリアルな声、旅美女たちがみた世界をどんどん発信していきますのでツイッター、Facebookと合わせてチェックしてくださいね♡