2018.01.05

【旅好き女子のリアルな日常】私が旅する臨床心理士になるまで〜後編〜

ゆうちょ | 2

0 view

    こんにちは。旅する臨床心理士のゆうちょです。

    旅が好きだから仕事をしても旅を続けていきたい。
    そんな旅好き女子のリアルをお話ししていきます。

    前回までのお話はこちら

     

    大学院生になったわたしは、卒業後のことを考えていなかった。

    ちゃんと勉強はしていたけど、将来どうしたいか、どうなりたいか、全く見えていなかった。

     

    とりあえず臨床心理学の勉強を始めて、なんとなく自分にこの職業は向いてるのかもしれないと思った。人の人生に触れる、共有する、協同で何かを考える行為は責任が重い分、とてもやりがいがあった。

    「自分も鬱に引きずられないの?」

    「心が読めるの?」

     

    これは1番良く聞かれる質問です。

     

    カウンセリングをしていて、自分の感情や思考はもちろん影響を受ける。でも、引きずられるのと影響されるのは主体性が別。これが感覚的に理解できたのが、良かったのかもしれない。無意識的にコントロールを失う人は、まず意識する練習から始めるから、その分大変だと思う。そして、もちろん心は読めない。表情や仕草から想像はできても、実際に相手に聞いて言葉にしてもらうのが大切だと思っている。

    ネパール

    その話はさておき、わたしにはずーっと行きたかった国があった。

     

    それがネパール。

     

    南アジアの中国とインドに挟まれた小さな国。母が言うに幼少期にネパールの旗を指差して喜んでいたらしいがそれはよくわからない。20代はじめの頃、恋人とネパールに行こうと誓い合ったとか、まあ、いろいろと理由はあるけれど、ネパールへの想いは続いていた。ヒマラヤもポカラの湖のほとりも、目玉のついた寺院も、チトワンの草原にいるサイも、色取り取りのサリーもネパール料理も、すべてが魅了的だった。

     

    大学院生の途中、バックパックを背負ってネパールに行った。

    こんなに好きになった国は初めてだった。

     

    私はもっと旅をしたいと思った。

     

    旅をするたびに生まれ変わって、自分が更新されていく感覚を覚えた。旅をしているときは自由で、人にも自分にも優しくなれるような気がした。

     

    日本というホームがあるからこその解放感なのかもしれない。それでも旅をすることが自分が生きるために必要なんだと強く感じた。

     

    卒業後は働きながら旅を続けられるようにしたい。これがわたしの希望だった。

     

    「結局、自分の好きなことばっかり。」「わがままだよ。」「仕事があるだけでいいじゃない。」「旅行なんて贅沢。」

     

    もしかしたら、そんなことを思われていたかもしれない。でも、卒業の時点でわたしの気持ちは、仕事しながら旅を続けると固まっていた。

     

    自分の生き方は更新していくもの。

     

    きっとわたしはまだ自分の生き方を確立できていない。いままでもこれからも、また考え方や生き方を変えて行くかもしれない。

     

    でも、今の仕事に就いて5年。そろそろ、また新しく自分の方向を定める時がやってきた気がする。もしかしたら、タビジョに入ったのもその伏線だったのかもしれない。

     

    何をやりたいかは明確。だけど、まだ形にはなっていない。実現する前に言葉にしたら、形にならなかったときにカッコ悪いし、なんだか壊れてしまいそうだからここには書かない。

     

    わたしは今年、動く。

     

    それは働きながら旅をする心理士から、次のステップにあがるような、うまく説明できないけれど、旅する心理師と言い切れるような潔い形に。

     

    自分がどう生きたいか、何をしていれば心地よいのか、何を伝えたいのか、何をしていきたいのか、模索して、模索して、ぼんやりした中から手探りで見つけていく。

     

    それを探求し続けることが人生であり旅なのかもしれない。

     

    今年が終わり、来年が終わり、その次の年が来る。わたしは旅する心理師。

     

     

    この記事をシェアする

    いいね!して、
    私たちと一緒に旅に出よう!

    この記事を書いた人

    ゆうちょ

    欲望に忠実に。気になったものは確かめる。感覚のままに、行きたいところに、行きたいときに行く。旅する心理士。

    プロフィールを見る

    この人が最近書いた記事

    この人が最近紹介した商品

      現在商品はありません。

    記事を書いてみる

    関連記事

    Pickup Member

    聴覚障害というハンディを持っても世界一周はできる!一期一会を大切に。

    • 今日
    • 今週
    • 今月

    記事ランキング

    まだデータがありません。

    まだデータがありません。

    まだデータがありません。

    おすすめ記事

    • カナダワーホリへ低予算で行きたい人必読!準備費用と最初の2カ月の生活費
      Nanako
      0view
    • 温泉宿宿泊料金込みで3万円!話題の人間ドック!湯原の「温けむりドック」
      TABIJO
      0view
    • 【ロイヤルカリビアン】実は格安!海外豪華クルーズに300$で予約する方法
      佐々木 舞
      0view
    • チェコの世界一怖い世界遺産?!人骨で装飾された教会【セドレツ納骨堂】
      TABIJO
      0view
    • フォトジェニックな世界遺産「ピッシンナチュレ」への行き方、注意点
      Nanako
      0view

    お知らせ

    • 2017.1.28

      旅美女会が第一回旅イベントを開催します!その名も【男子禁制旅女子会】旅美女会メンバーと男性がいたら出来ない話で盛り上がりませんか?!
      参加者募集中♡

    • 2017.1.23

      みなさまお待たせしましたっ!旅美女会ホームページが更に使いやすく、そして可愛くリニューアル♡あーんど!スマホ、タブレット用サイトがリリースしましたー!!旅美女たちのリアルな声、旅美女たちがみた世界をどんどん発信していきますのでツイッター、Facebookと合わせてチェックしてくださいね♡