2017.08.06

本当は2つできる予定だった?世界遺産タージマハルに秘められた夫婦の愛

こんにちは。

 

実は、わたしの初めての海外旅行先は……

インドなんです!!

 

っていうと本当にびっくりされます。
(わたしは未だにそのびっくりポイントがわからないんですけど)

 

 

 

わたしが初めての海外旅行先に、インドを選んだ理由は、とてもシンプルです。

 

 

世界遺産タージマハルに、どうしても行きたかったから。

 

 

 

中学生のころにテレビで見たときの衝撃は、今でも忘れられません。

 

なんて綺麗で壮大な建物なんだろう。

怖くて汚いイメージしかない、インドにこんな建物があるなんて。

実際にみてみたい。触れてみたい。

行かないとわからない、タージマハルの生の空気を感じ取りたい。

 

……行ってみたい。

 

いつか絶対にタージマハルに行く!!

 

 

そう決心しました。

 

 

そして、タージマハルについて調べれば調べるほど、ますます行きたい気持ちが高まりました。

 

実はタージマハルには、あまり知られていない、王と妃の愛の物語があったんです!

 

今回は、あまりに切ない、インドの愛の歴史物語を、みなさんにお届けしようと思います。

 

 

 

 

タージマハルができた理由

photo by photo-ac

 

そもそもタージマハルはどんな建物なのか知っていますか?

 

実は、タージマハルはお墓なんです。

 

けれど、インドは昔から宗教上の理由で、あまりお墓を作りません。

亡くなった人は燃やして、ガンジス川に流すことが多く、お墓を作ったとしても、簡素なもので済ませてしまいます。(各宗教によって異なります)

 

では、日本のようにお墓を作る文化があまりないインドで、どうしてタージマハルのような立派なお墓が作られたのでしょう?

 

 

 

1526年〜1858年の間、インドを支配していたのはムガル帝国という帝国でした。
(日本はそのころ、戦国〜江戸時代です)

 

そのムガル帝国の第5代ムガル帝王となったのは、シャー・ジャハーン。
そしてその妃、ムムターズ・マハル。

 

ふたりは普段からとても仲が良い夫婦でした。

 

 

 

王シャー・ジャハーンには4人の妃がいましたが、ムムターズ・マハルだけを熱烈に愛していたのです。

 

「シャー・ジャハーンは、他の3人の妃には、ムムターズ・マハルにそそいだ愛情の1/1000の愛情も感じていないだろう」

 

とのちに伝えられたほどでした。

 

 

 

 

 

しかし、悲劇は起こります。

 

 

愛する妃、ムムターズ・マハルは出産後に亡くなってしまうのです。

 

 

「わたしのために、わたしの名を伝え残すお墓を作ってほしい」

 

「わたしが死んだあと、新しい王妃を迎えないでほしい」

 

 

という、ふたつの願いを遺して。

 

 

シャー・ジャハーンは絶望の淵に立ちながらも、亡き妃ムムターズ・マハルの願いを叶えようと、タージマハルの建設をはじめます。

 

 

1631年、結婚してから19年後のことでした。

 

 

その後、諸説はありますが約20年の歳月をかけて、タージマハルは完成します。

 

 

 

 

最愛の妃を亡くした王の悲しみ

photo by photo-ac

 

妃ムムターズ・マハルを亡くした、王シャー・ジャハーンの悲しみは、想像を絶するものでした。

 

しばらくの間は、公の場に出ることもなく、国事を行うこともなく。

黒かったヒゲが、悲しみのあまり数日で真っ白になってしまったり、

好きだった音楽や歌をうたうこともやめたり、

涙がかわく間もないほど、ずっと泣いていたそうです。

 

愛するひとを亡くす苦しみは、いつの時代でも、たとえ王でも、変わらないものなのですね。

 

 

 

「わたしが死んだあと、新しい妃を迎えないでほしい」

 

というムムターズ・マハルの切ない願いのとおり、シャー・ジャハーンはその後、新しい妃を迎えることはありませんでした。

 

しかし、最愛の妃を亡くした悲しみからか、シャー・ジャハーンは女遊びばかりするようになってしまいます。

もしかしたら愛する妃を亡くした悲しみを、少しでも忘れたかったのかもしれません。

 

 

シャー・ジャハーンの気持ちもわかりますが、自分が死んだあとに夫が、悲しみを忘れるために女遊びに明け暮れているなんて…。

亡くなってしまった妃、ムムターズ・マハルも悲しんでいたに違いありません。

 

 

 

 

 

その後、催淫剤の副作用で体を壊したシャー・ジャハーンは、見兼ねた息子により、城に閉じ込められます。

 

 

そして数年後、静かに息を引き取りました。

 

 

愛する妃、ムムターズ・マハルのもとへ、ようやく旅立つことができたのです。

 

 

1666年、妃が死んでから、35年経ったある日の出来事でした。

 

 

 

 

タージマハルは2つできる予定だった?

photo by photo-ac

 

タージマハルはヤムナー川という川のほとりに建っています。

 

実は、シャー・ジャハーンは、川を挟んだ対岸に、自分のお墓として、黒いタージマハルを作ろうとしていたのです。

 

 

もともとお墓を作る文化が薄いインドで、妃のお墓だけでなく、自分のお墓まで用意しようとしていた。

 

きっとシャー・ジャハーンは、自分が亡くなっても、いつまでもいつまでも、妃と一緒にいたかったのでしょう。

 

ついにその夢は叶いませんでしたが、シャー・ジャハーンの棺は、タージマハルの中の、ムムターズ・マハルの棺の隣に収められています。

 

 

 

 

 

ちなみに、黒いタージマハルが建つ予定だった、対岸からみたタージマハルがこちら。

 

 

 

 

朝焼けのタージマハルです。

 

 

シャー・ジャハーンが、自分が死んだあとに見たかった風景。

 

妃のことを、見守っていたかった。

ずっと側にいたかった。

本当に、愛していた。

 

そんな気持ちが込められた風景。

 

 

 

そう考えると、胸に迫るものがありますね。

 

 

ふたりが亡くなったあと、天国で再会できていますように。

一緒にいれなかった35年間の悲しみを吹き飛ばすくらい、幸せに過ごせていますように。

もう二度と、離れ離れになりませんように。

 

わたしはこの風景をみたとき、そう願いました。

 

 

photo by photo-ac

 

 

 

世界遺産タージマハルに秘められた、王と妃の切ない愛の物語。

 

いかがでしたか?

 

インドを訪れたときは、ぜひぜひタージマハルに行ってみて下さい!

 

 

 

ちなみに2017年7月現在、タージマハルは工事中です。

 

工事は2017年末に終わる予定とのことですが、あくまで予定です。

訪れるときは、工事中かどうかも確認して行くと、より素敵な景色が味わえると思います!

 

 

〜タージマハル基本情報〜
営業時間:日の出から日没まで
休業日: 金曜日
入場料: 1000ルピー(外国人料金)

 

Dharmapuri, Forest Colony, Tajganj, Agra, Uttar Pradesh 282001, インド

この記事をシェアする

いいね!して、
私たちと一緒に旅に出よう!

この記事を書いた人

なつみ みどり

初海外はインド!ハトが死ぬほど苦手な無計画・マイペース・楽天家旅人!

プロフィールを見る

この人が最近書いた記事

この人が最近紹介した商品

    現在商品はありません。

記事を書いてみる

関連記事

Pickup Member

ダーリンはアメリカ人! 関西生まれの関西育ち、夫婦で世界一周中の美人人妻、キャサリン!

  • 今日
  • 今週
  • 今月

記事ランキング

  • お国変わればトイレも変わる…海外旅行の隠れたマストアイテムは?
    0view
  • 国際恋愛♡あなたは本命?遊び相手?Risaが答えるイタリア人男性との恋愛事情と気になるアレのお話
    0view
  • 【ニューヨーク 聖地巡礼】女子なら絶対憧れる!ゴシップガールのセレブ御用達ホテルの数々♡
  • 【批判覚悟】海外男性から見た日本人女性のイメージは実はいい女ではなく「尻軽」!?
  • 【海好き女子】サメより怖い?!身近なあの生き物から超簡単に身を守る必須アイテム!
    0view
  • 国際恋愛♡あなたは本命?遊び相手?Risaが答えるイタリア人男性との恋愛事情と気になるアレのお話
    0view
  • お国変わればトイレも変わる…海外旅行の隠れたマストアイテムは?
    0view
  • 【海好き女子】サメより怖い?!身近なあの生き物から超簡単に身を守る必須アイテム!
    0view
  • 【批判覚悟】海外男性から見た日本人女性のイメージは実はいい女ではなく「尻軽」!?
  • 【女子旅 東南アジア】ベトナム最後の秘境、フーコック島の魅力とは?!
    0view
  • 国際恋愛♡あなたは本命?遊び相手?Risaが答えるイタリア人男性との恋愛事情と気になるアレのお話
    0view
  • お国変わればトイレも変わる…海外旅行の隠れたマストアイテムは?
    0view
  • 【海好き女子】サメより怖い?!身近なあの生き物から超簡単に身を守る必須アイテム!
    0view
  • 【批判覚悟】海外男性から見た日本人女性のイメージは実はいい女ではなく「尻軽」!?
  • 【女子旅 東南アジア】ベトナム最後の秘境、フーコック島の魅力とは?!
    0view

おすすめ記事

  • 第一回ライタークイーンコンテスト開催のお知らせ♡
    TABIJO
    30view
  • 【世界一周 必需品】旅にコレは絶対に必要!実は何通りも使い道がある寝袋!!!
    佐々木 舞
    12view
  • 【旅女子のメイク事情】コスメコンシェルジュおすすめ♡メイク崩れをふせぐ神アイテム!
    なつみ
    6view
  • 時短美容家並木まきの「パッキング軽量化」に欠かせないコツ2つ
    Maki
    7view
  • 【危険を未然に防ぐ】女子一人旅を狙う危ない男たち。パターン別に紹介します!
    ANZU
    8view

お知らせ

  • 2017.05.13

    【お詫び】

    5月12日夜、運営側の誤りで本来まだアップするべきでない記事を出してしまいました。
    記事を書いてくれた女の子は普段、とてもわかりやすい文章を書いてくれているライターさんです。
    二度とこのようなことがないよう強く反省、対処するとともに、日頃より旅美女会を見守ってくださっている皆様、そして何より記事を書いてくれた女の子に心よりお詫び申し上げます。

    誠に申し訳ございませんでした。

    旅美女会運営チーム一同

  • 2017.1.28

    旅美女会が第一回旅イベントを開催します!その名も【男子禁制旅女子会】旅美女会メンバーと男性がいたら出来ない話で盛り上がりませんか?!
    参加者募集中♡

  • 2017.1.23

    みなさまお待たせしましたっ!旅美女会ホームページが更に使いやすく、そして可愛くリニューアル♡あーんど!スマホ、タブレット用サイトがリリースしましたー!!旅美女たちのリアルな声、旅美女たちがみた世界をどんどん発信していきますのでツイッター、Facebookと合わせてチェックしてくださいね♡