2018.04.18

【保存版】長期海外出発前に受けるべき予防接種の種類と必要期間&料金一覧!

mi | 20

392 view

みなさんこんにちは、旅する美容師miです!

世界一周やワーホリ、長期で海外に行く時の準備の1つにある【予防接種】すごく大切な準備ですが、

どんな種類があるの?
いつ受けたら良いの?
どこで受けたら良いのか?

など、はじめてだとわからない事がたくさん出てきますよね。

 

行き先によっては指定ワクチンの接種証明書(イエローカード)が必要な国もあり、海外渡航ワクチンは料金も自由診療になるので高いです。

 

今日は、ワクチンの種類や有効期間、病院選びのポイントなどをご紹介します。

 

 

主な予防接種の種類と対象地域

 

◎→長期滞在する場合推奨
◯→長期滞在において、局地的に発生するリスクがある場合検討
●→滞在期間に関係なく局地的に発生するリスクがある場合検討
!→感染リスクのある国の渡航の場合推奨

※ここでの【長期】とは、およそ1か月以上滞在する場合です。冒険旅行は短期であっても長期に含まれます。(FORTHより抜粋)

主な予防接種の種類は、破傷風、A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、黄熱、ポリオ、日本脳炎などがあります。

表を見ると、優先順位が1番高いのは全ての地域で対象になっている破傷風です。長期で行くなら受けた方が良いとされています。
2番目にA型肝炎、3番目に来るのが狂犬病です。

 

【破傷風】怪我をすると傷口についた土などから浸入し、最初は口が開きにくいなどの異常が起こり、その後けいれんをしたり、死亡することもある病気です。

主な症状→口が開かない、痙攣
感染経路→傷口から感染

 

【A型肝炎】汚染された飲食物を摂取することで感染し、生の魚介類や衛生状態の悪い土地の生水から感染するケースが多いです。

主な症状→発熱、黄疸、全身倦怠感
感染経路→飲食物から感染

 

【B型肝炎】主にB型肝炎(活動期)の母親から生まれる新生児期を中心とした感染と性行為や適切に消毒されていない医療器具の使用などから感染します。

主な症状→発熱、黄疸、全身倦怠感
感染経路→主に性行為や消毒されていない医療器具の使用で感染

 

【狂犬病】発病したイヌやネコ、コウモリなどのほ乳類に咬まれることで感染し、発病すれば、ほぼ 100%死亡する恐ろしい病気です。もし、咬まれてしまったら咬まれた部位を水や石鹸でよく洗い、きれいにして、できるだけ早く医療施設を受診し、適切な治療を受けるようにします。

主な症状→痙攣、恐水発作
感染経路→動物から感染

 

【黄熱】熱帯アフリカや南米が主な流行地域で、発病すると死亡率が高いことから、短期間であっても流行地域に行く予定ならワクチン接種をする方が良いと言われています。

主な症状→発熱、黄疸
感染経路→蚊が媒介

 

【ポリオ】汚染された飲食物を摂取することで感染し、発病すると、麻痺などの障害を残すことがあります。1975〜1977年生まれの方はポリオに対する免疫力が弱いとされているので、追加接種がすすめられています。

主な症状→発熱、手足の麻痺
感染経路→飲食物から感染

 

【ジフテリア】のどや鼻に感染し、偽膜と呼ばれる膜ができ、窒息して亡くなることもあります。一般に10%程度の方が亡くなってしまうといわれています。

主な症状→発熱、唾液腺(つば=唾液を作る場所)の腫れ、倦怠感
感染経路→空気中の飛沫感染

 

【日本脳炎】発病すると脳炎による意識障害などをおこし、 死亡する可能性もあります。

主な症状→発熱、意識障害
感染経路→蚊が媒介

 

これらはワクチンで予防が出来る病気です!

ここでは主なワクチンの簡単な説明しか載せていないので、各病気の詳しい症状はFORTHやWHOのホームページで確認して下さい。
情報は常に新しく更新されています。渡航前に必ず最新の情報を確認して医療機関に相談して下さいね。

FPRTH 厚生労働省検疫所
WHO

 

 

スケジュールと有効期間

1回で済むものもありますが、大体2〜3回の接種が必要です。輸入ワクチンがあるものは期間が国産と輸入でも変わってきます。

出発ギリギリだと間に合わなくて残りを海外で打つことになるので、出発3ヶ月以上前くらいから始めることをお勧めします。

 

【破傷風ワクチン】は1968年(昭和43年)から始まった3種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日せき)を定期予防接種で破傷風・ジフテリアワクチンを12歳の時に受けていれば、20代前半位までは免疫があるので、接種は不要と言われています。その後、1回の追加接種で10年間有効な免疫がつきます。

 

【日本脳炎】は1~4週間間隔で2回接種し、1年後追加接種を1回します(基礎免疫が完了)。子供の頃に受けている方がほとんどです。母子手帳などを確認すると良いです。
基礎免疫の完了後は、1回の接種で4~5年間有効な免疫がつきます。

 

特に注意して欲しいのが【黄熱】です。
これは生ワクチンになり、一度打つと28日間他のワクチンを接種出来ません。
指定された機関でしか受けられず、完全予約制、受付開始日、接種日時が決まっています。

 

以前は接種10日後から10年間有効と言われていましたが2016年7月11日以降、接種10日後から生涯有効に変更されました。2016年7月11日以前に接種した人も対象になります!

 

黄熱の詳しい説明や全国の指定機関の検索はこちらのFORTHから見れます。

FORTH 黄熱について

 

予防接種は海外の病院でも受けられ、値段も日本より安い事が多いですが、慣れない国で英語で説明する事を考えると融通が利く日本で済ませておくのが良いと思います。

早め早めの計画を!!

 

 

料金比較と病院の選び方

海外予防接種は近所の内科などでは取り扱っていない事が多いです。
私は「トラベルクリニック、海外予防接種」などで検索して、値段やホームページを比較しました。

 

全国のトラベルクリニックはこちらのサイトに一覧が載っているので参考にして下さい。
学会推奨トラベルクリニックリスト

 

調べたのは都内にある4つの病院です。
※2018年4月現在、1回の料金(税抜き)です。
ふたばクリニック
プライマリーケア東京クリニック
代官山パークサイドクリニック
大手町さくらクリニックin豊洲
値段が全然違いますよね!

安いに越したことはないですが、自由診療になるので予防接種代にプラス初診料や相談料、複数接種料など病院によって2000〜5000円位が別にかかります。

 

私は、代官山パークサイドクリニックにお願いしました。

この中では決して安くはないのですが、『トラベルコンシェルジュ』と呼ばれる、先生とは別に海外予防接種についてなんでも相談が出来る方がいるのが決め手になりました。

 

渡航先、日数を伝えると、自分に必要な予防接種の種類を教えてくれスケジュールを立ててくれます。私は出発2ヶ月前で時間があまり無いのに、接種するワクチンの数が多かったので細かいスケジュールを立てて貰えてとても助かりました。

 

「こんな場合は?」
「あんな場合は?!」
など、その国で流行っている病気について詳しく教えてくれ、予防接種以外に必要な薬についても教えてくれます。

私は中南米に行くので、高山病やマラリアの薬もお願いしました。

 

マラリアについては旅美女会代表が実体験を元に詳しく説明しています!!
マラリアは本当に怖いです。自分は大丈夫と思わないで下さい。指定地域に渡航予定の場合、誰にでもなる可能性はあります!

【拡散希望】日本人のほとんどが知らないマラリアの落とし穴。これで私は死にかけました。
【拡散希望】日本人のほとんどが知らない!命に関わるマラリア予防薬のお話

 

トラベルコンシェルジュの方が納得できるまで丁寧に説明してくれ、国産ワクチン、輸入ワクチンのメリット、デメリットなど色々聞けたので、値段は他の病院より少し高いですが私は満足しています。
最終日に予防接種記録表が貰え、追加接種を海外でする予定の場合はワクチン名が英語で書いてあるのでこれを見せればOKです!

以前、他の病院で受けた時はそこまで詳しく説明の時間を取って貰えなくて先生に言われるままに何となく受けたので、自分の状況がいまいちわからないままでした。

 

初めてで不安だし、よく分からないと言う人やしっかり説明して欲しい人にはとてもおすすめです。

 

黄熱は指定機関でしか受けられないので東京検疫所に行きました。

料金は収入印紙で11180円です。(国際証明書発行手数料880円込み)
接種後、イエローカードと呼ばれる摂取証明書が発行されます。パスポートと一緒に大切に保管しましょう。

東京検疫所 黄熱予防接種について

 

 

まとめ

・自分の渡航先の病気を把握する
渡航予定の国が決まったら早めに調べましょう!

 

・短期旅行でもワクチンが必要な場合がある
短期でも長期でも海外に行くと言うことには変わりないので、危険な地域や摂取証明書が必要な国に行く場合は予防接種を受けます。

 

・料金はワクチンによって様々です(自由診療です)
病院により値段は様々です。海外で受けると無料や日本より安い国もあります。旅の予算もあると思いますが、「安いから」と値段だけで決めてしまわず自分に合った病院を選んでくださいね。

 

・早めのスケジュールを立てる
なんども言いますが、ギリギリだと間に合わない場合があります!
海外でも受けられますが、言葉の問題や災厄日本と同じワクチンが無いかもしれないリスクもあります。※2回目の接種が海外の場合はワクチンは同じ物にする必要があります。

そして黄熱は時間がかかるので最後に受ける事をおすすめします。

 

予防接種を受けるべきなのか、どのワクチンが自分に必要で、どこで受けるのが良いのか、たくさんの選択肢があります。

必ず専門の医療機関に相談し、自分だけの判断で決めてしまわないようにしましょう。

予防接種は自分自身を感染症から守ることはもちろんですが、周囲の人への二次感染も防止します!!海外で病気にかかると言うリスクから身を守って楽しい旅にして下さいね!

 

この記事が参考になったらうれしいです♡
miでしたっ!

 

保存保存
保存保存
保存保存
保存保存
保存保存
保存保存
保存保存
保存保存

この記事をシェアする

いいね!して、
私たちと一緒に旅に出よう!

この記事を書いた人

mi

安心!安全!低予算!!最短何日あればどこまで行ける?? 行きたい所は必ず行ける♡をモットーに旅をしています。

プロフィールを見る

この人が最近書いた記事

この人が最近紹介した商品

記事を書いてみる

関連記事

関連商品

Pickup Member

予算はたったの99万! 一人でのんびり、自由気ままに世界を旅した旅情報ブロガー、りりー!

  • 今日
  • 今週
  • 今月

記事ランキング

  • 【美容大国タイ】迷ったらコレ!タイで絶対に買うべき女子力アップアイテム!
    0view
  • 【遠距離恋愛】彼氏がいるけどワーホリに行きたい。夢も恋も諦めたくないすべての女子へ(実践編)
    0view
  • 【正しいT-バックの履き方】実はいいことだらけなT-バックで快適海外旅行をしよう♡
    0view
  • 佐々木舞33歳、本日癌宣告を受けました。
  • まとめ買いが出来る!美容大国バンコクのオーガニックショップ4選
    0view
  • 【美容大国タイ】迷ったらコレ!タイで絶対に買うべき女子力アップアイテム!
    0view
  • 佐々木舞33歳、本日癌宣告を受けました。
  • イタリア人男性は本当にプレイボーイなのか。体を張って検証してみた
  • 【正しいT-バックの履き方】実はいいことだらけなT-バックで快適海外旅行をしよう♡
    0view
  • 【海外のアンダーヘア事情】外国人男性と付き合いたいならアンダーヘアケアするべし!
    0view
  • 【美容大国タイ】迷ったらコレ!タイで絶対に買うべき女子力アップアイテム!
    0view
  • 佐々木舞33歳、本日癌宣告を受けました。
  • 【正しいT-バックの履き方】実はいいことだらけなT-バックで快適海外旅行をしよう♡
    0view
  • まとめ買いが出来る!美容大国バンコクのオーガニックショップ4選
    0view
  • イタリア人男性は本当にプレイボーイなのか。体を張って検証してみた

おすすめ記事

  • 【本日最終日】TABIJOCAFE♡初日の様子をご紹介
    TABIJO
    830view
  • 【今週末開催TABIJOCAFE】イベント当日のフリマや民族衣装をちょこっとご紹介
    TABIJO
    377view
  • 【TABIJO CAFE】海外に飛び出したい全ての女子のお悩みや疑問を私たちが解決します!
    TABIJO
    464view
  • 【出勤メンバー発表♡】2月24.25日の2日間限定!女子だけの旅カフェ、TABIJOCAFE開催♡
    TABIJO
    899view
  • 【ありがとうございました!】第一回ライタークイーンコンテスト終了のお知らせ
    TABIJO
    474view

お知らせ

  • 2017.1.28

    旅美女会が第一回旅イベントを開催します!その名も【男子禁制旅女子会】旅美女会メンバーと男性がいたら出来ない話で盛り上がりませんか?!
    参加者募集中♡

  • 2017.1.23

    みなさまお待たせしましたっ!旅美女会ホームページが更に使いやすく、そして可愛くリニューアル♡あーんど!スマホ、タブレット用サイトがリリースしましたー!!旅美女たちのリアルな声、旅美女たちがみた世界をどんどん発信していきますのでツイッター、Facebookと合わせてチェックしてくださいね♡