2018.05.01

佐々木舞33歳、本日癌宣告を受けました。

佐々木 舞 | 287

12,767 view

ほんの数時間前の話。

 

まるでドラマのワンシーンを遠くから見ているような気分でした。

いや、今もまだそうなのかもしれない。

 

 

 

「真剣な話がある。聞いてほしい。

舞の子宮に癌がある。」

 

 

まっすぐ私の目を見ながら、そう教えてくれたのは、今年中に結婚して子供がほしいね。って最近話しをしていた彼でした。

3年一緒に毎日過ごした彼の初めて見る表情でした。

 

 

彼は私が癌だってことを知って今までどんな気持でいつも通り私に接して笑ってくれていたんだろう。

そして今どんな気持でその言葉を口にしているんだろう。

(※彼にはあらかじめ、病院からの結果通知の手紙が来たら先に開けて結果を見ておいてほしいと話していました)

 

 

 

 

 

「なんで私ばっかり。結局私は幸せになれないのかな」

 

無意識に出た最初の一言。

 

 

私の人生は、人から見ると華やかで幸せいっぱいに見えるかもしれない。

 

高校を卒業後、最初のオーディションで夢を掴み、その後は仕事が切れたことがなかった。下積み時代を知らないまま、順風満々に仕事を得ることができた。
局の顔である朝の番組にも使ってもらい、ラジオでは自分の名前がついた冠番組ももたせてもらった。

 

10年働いたのち、今度は世界一周に出た。世界中の絶景を見ていっぱい感動していっぱい笑った。

 

世界一周中にできた新たな夢、「旅をする女の子たちを応援したい。」は旅美女会という形で帰国後すぐにかなった。

 

そして今は旅美女会の代表をやりながらベンチャー企業の代表に就いている。

 

人から見たら幸せな人生かもしれない。

 

だけど私自身は、誰かから不意に投げかけられる「幸せ?」の問いに「一生懸命には生きてるかな。」と毎回答えるような人生だった。

 

幸せとは程遠い事や時間もたくさん経験した。

 

 

本来の私は、競争率の高いメディアの世界でレギュラーを取り続ける実力なんてないし、一人で世界一周に行く勇気もない。たくさんの女の子を束ねて動く行動力もない。

 

それでも毎回そのステージに立てたのは、周りから助けられたのは大前提だけど、「幸せ」と言われるものに執着したからだと思う。

 

「あそこに行けば幸せかもしれない」

「あの場所なら幸せになれるかもしれない」

「今度こそ。。。」

今思えばそれに異常なまでにしがみついていたと思う。本来できないはずのことをできてしまうほどに。

 

常に頑張っていないと不安になる。常に前進していないと怖いくなる。私は止まることができない。

 

もがいてもがいて、時には間違えて、そしてやっと私が見つけた幸せになれる居場所。
それが彼と一緒に未来を歩んでいずれは彼の子供を産み、育てる。

だったのに。

 

 

最初に言うと、私の子宮にある癌は早期発見だったこともあり、別に命には関わらないし、手術をすれば治るもの。子宮を取ることもない。なので私のこの記事を不快に思う人もいるかもしれない。不謹慎に思う人もいるかもしれない。ごめんなさい。

だけど大げさに書いているつもりはないんです。今の私の等身大の気持ちです。この時点で不快に思った方はページを閉じてください。嫌な気持ちにさせてしまい、ごめんなさい。

 

 

 

続けます。

 

私はもともと何でも笑い飛ばせる性格で、周りがものすごく心配するようなことが起きてもあっけらかんとできる。

強いんだと思う。

 

そんな私でも自分に癌があると聞いた時は頭が真っ白になった。
もし癌の場所が子宮じゃなかったらもう少し気持ちが違ったかもしれない。

 

命には関わらないとか、子宮は取らないでいいとか、その事実を聞いてもショックだった。
自分でも驚くほどにショックを受けた。
なんでここまでショックを受けているのか自分でもわからなかった。

 

普段の生活の中で、あまり意識をすることはないけれど、「私ってやっぱり女なんだな。」って痛いほど思った。

 

私の癌なんて、世の中の癌で苦しむ人たちからすれば、同じ癌だというと失礼に値するレベルだとわかってる。

 

それでも女にとって、子宮がどんな存在か痛いほど実感させられた。

 

 

 

 

癌宣告されて、こうやってすぐにパソコンに向かうのには理由があります。

女性の皆さん、ここから先はゆっくり読んでほしいです。

 

 

 

私、思うんです。

 

今回はたまたま早期発見だったからよかった。

 

 

だけどこれが旅中だったら?

 

 

長期で海外に行く女の子たちは予防接種を受け、薬を準備する。人によっては万が一の時のためにコンドームやアフターピルも持って行く。そして海外保険に入る。

 

だけど、旅に出る前に健康診断を受けたり、体の隅々まで調べてもらう人がどれくらいいるでしょう。

 

もしその時に取り返しのつかない病気の元が体の中にあったら?

 

長期旅行中に旅先でわざわざ健康診断に行く旅人なんて聞いたことがありません。

少なくとも世界一周した私の周りの旅人には一人もいません。

 

もちろん私もです。世界一周前も癌検診どころか健康診断にすらいきませんでした。

 

 

私は、旅前に歯医者で全ての治療を終わらせ、薬を準備し、予防薬を打ち、海外保険に入りました。当たり前のように。

だけど健康診断にも癌検診にもいかなかった。

 

 

もしそのタイミングで癌になっていたら?

私は子宮に癌ができるまでの過程で、例えば生理不順になるとか、下腹に激痛が走るとかそんな症状全くありませんでした。自覚症状はなしです。
ごくたまに子宮がチクチクすることはありましたが、気にもとめていませんでした。

たまたま受けた癌検診で引っかかったんです。

 

もし、世界一周出発前に癌の元があって、世界一周中にその癌が成長して、症状が出るほど悪化したときに気づいたら?

 

取り返しがつかないことになっていました。

 

もしそうなっていたら、私は絶対に世界一周に出たことを後悔していた。

あんなに楽しく過ごしていた準備期間も、世界一周という目標を叶えるために努力した時間も、全部後悔していた。

悔やんで悔やんでそれでも悔やみきれなくて、世界一周に関わった自分の全てを否定すると思う。
それが無意味であっても。

 

あんなに夢見て、あんなに楽しんだ世界一周を恨む。夢を叶えた自分自身のことも恨む。

そうなっていたと思う。

 

そして現実はそれだけじゃ済まない。

 

子供を産むことが全てではないと思うけれど、いっときの楽しみのために女としてとても大切なものを失うことになるかも知れません。少なくとも私はそう思います。

 

 

今の時代、たくさんの女の子が世界に旅立っています。

世界一周も留学もワーホリも、一昔前に比べると格段に身近になってハードルも下がっている。

 

海外での日々を夢見て楽しい気持ちでいっぱいなのはわかります。私も経験したから。

 

だけどお願いです。

同じ女性として、旅好きとしてお願いです。

 

海外に行くと決めた時に、いや海外に行きたい。行くかもしれない。そう思った時に是非病院に行ってください。

 

あなたの体が数年海外に行っても問題がないのかどうか調べてください。

 

確かに怖いし、お金もかかるし、面倒くさい。

わかります。

だけどもし、あなたに万が一が起きた時、その時のあなたの気持ちに比べたら何でもないことです。
比べるまでもないことです。

 

 

先にも書きましたが、私は今回のことで女性の性について痛いほど痛感しました。

私たち女にとって子宮がどれほどの存在なのかを痛感しました。

 

 

もしこれを読んでくれているあなたが少しでも私を心配してくれるのであれば、ぜひこの記事を広めて欲しい。

心配の連絡より、優しい言葉より、その方が私の支えになります。

 

 

私ね、今この記事を書きながらあなたに感謝しているんです。

今ね、ショックの真っ只中なんです。

 

だけど、もしこの私の経験が一人でもいい、どこかの誰かが癌検診に行ってくれるきっかけになったら、もしその子が癌を早期発見できたら。

私がしたこの嫌な思いとか、怖さとか、不安とかに意味ができるから。

そう考えながらこの記事を書いていると少しだけ気分が晴れるんです。

そんな場所を与えてくれてありがとう。

 

転んでもただでは起き上がりたくないってやつかもしれません。

 

 

癌は自分に関係ない話でも、現実味のない話でもありません。

 

私を世界一周時代、もしくはその前から知っている人は、私が癌だということを聞いて驚きませんでしたか?

まさか。と思いませんでしたか?

 

ほら。起きるんです。それがあなたでも何も不思議じゃないんです。

 

 

私と直接関わるみんなは、必要以上に私に気を使わないでください。

実際私は死ぬわけでもないし、子宮を取るわけでもないから。

 

だからこそ、今このタイミングでこの記事を書いているのかもしれない。

この、まだ、心の整理がつかない今の私で記事を書きたかったのかもしれない。

あなたにこれを読んで検診に行こうって思ってもらえるように。

 

 

私はこれから近々入院して手術をします。

それで解決。

そのあとはいつも通りの毎日が待っています。

 

それは早期発見だったからです。

 

この記事を読んで少しでも不安になったあなたは検診に行ってください。

本当はこの記事に巡り合ってくれた全員に行って欲しい。

 

 

あなたが将来、後悔することがないように。

 

 

これを読んでくれた女の子が一人でも行動に移してくれることを心から願っています。

この記事をシェアする

いいね!して、
私たちと一緒に旅に出よう!

この記事を書いた人

佐々木 舞

好きなものへは超一途! 「何とかなるか♡」で世界を駆け抜け、何とか生きて帰って来た!根っからのノーテンキ女子、トラブルトラベラー佐々木舞!

プロフィールを見る

この人が最近書いた記事

この人が最近紹介した商品

記事を書いてみる

関連記事

Pickup Member

予算はたったの99万! 一人でのんびり、自由気ままに世界を旅した旅情報ブロガー、りりー!

  • 今日
  • 今週
  • 今月

記事ランキング

  • 【美容大国タイ】迷ったらコレ!タイで絶対に買うべき女子力アップアイテム!
    0view
  • 【正しいT-バックの履き方】実はいいことだらけなT-バックで快適海外旅行をしよう♡
    0view
  • まとめ買いが出来る!美容大国バンコクのオーガニックショップ4選
    0view
  • 【出てみないとわからない!】世界一周中あるある
  • イタリア人男性は本当にプレイボーイなのか。体を張って検証してみた
  • 【美容大国タイ】迷ったらコレ!タイで絶対に買うべき女子力アップアイテム!
    0view
  • 【正しいT-バックの履き方】実はいいことだらけなT-バックで快適海外旅行をしよう♡
    0view
  • 佐々木舞33歳、本日癌宣告を受けました。
  • まとめ買いが出来る!美容大国バンコクのオーガニックショップ4選
    0view
  • イタリア人男性は本当にプレイボーイなのか。体を張って検証してみた
  • 【美容大国タイ】迷ったらコレ!タイで絶対に買うべき女子力アップアイテム!
    0view
  • 佐々木舞33歳、本日癌宣告を受けました。
  • 【正しいT-バックの履き方】実はいいことだらけなT-バックで快適海外旅行をしよう♡
    0view
  • まとめ買いが出来る!美容大国バンコクのオーガニックショップ4選
    0view
  • イタリア人男性は本当にプレイボーイなのか。体を張って検証してみた

おすすめ記事

  • 【本日最終日】TABIJOCAFE♡初日の様子をご紹介
    TABIJO
    833view
  • 【今週末開催TABIJOCAFE】イベント当日のフリマや民族衣装をちょこっとご紹介
    TABIJO
    378view
  • 【TABIJO CAFE】海外に飛び出したい全ての女子のお悩みや疑問を私たちが解決します!
    TABIJO
    467view
  • 【出勤メンバー発表♡】2月24.25日の2日間限定!女子だけの旅カフェ、TABIJOCAFE開催♡
    TABIJO
    904view
  • 【ありがとうございました!】第一回ライタークイーンコンテスト終了のお知らせ
    TABIJO
    477view

お知らせ

  • 2017.1.28

    旅美女会が第一回旅イベントを開催します!その名も【男子禁制旅女子会】旅美女会メンバーと男性がいたら出来ない話で盛り上がりませんか?!
    参加者募集中♡

  • 2017.1.23

    みなさまお待たせしましたっ!旅美女会ホームページが更に使いやすく、そして可愛くリニューアル♡あーんど!スマホ、タブレット用サイトがリリースしましたー!!旅美女たちのリアルな声、旅美女たちがみた世界をどんどん発信していきますのでツイッター、Facebookと合わせてチェックしてくださいね♡