2017.05.29

マレーシア旅その2♡絶体絶命のピンチをまさかのX JAPANに助けてもらった話

佐々木 舞 | 12

454 view

 

そして私たちは警察署の椅子に座らされた。

 

署内には数人の警察官が各自作業をしていた。

 

世界一周中、スリに遭うたびにお世話になった警察署。

警察官はいつも優しく迎えてくれ、『お気の毒に。』『自分たちの国がごめんね。』という態度で接してくれた。

 

しかし今回は違う。

 

 

 

私たちは、捕まったのだ。

 

 

目の前に座る警察官は、私たちにわかるようにゆっくりとそして簡単な英語を選んで今の状況を説明してくれた。

 

やはり何度聞いても、

 

25万円の罰金か3年間の刑務所か選べ。

 

と言っている。

 

あぁ。夢じゃないないのね。これは現実なのね。

 

 

T君が私の顔を見る。

『こういう場合はどうしたらいいの?』

 

 

 

 

知るか。初体験や。

 

 

確かに世界一周中、いろんな経験をしたけれど、さすがにこの経験はない。
私は結構ビビリだから、各国の罰金事情などは細かく調べてから入国していた。
しかしタバコに関しては自分が吸わないから全くわからない。

 

 

今日は一体なんなんだ。

スーツケースをぶっ壊されて、イミグレで不法滞在と別室に連れて行かれ、そして今、到着したばかりのマレーシアで警察署で罰金か刑務所か選べという選択を迫れられている。

 

 

今こそあのセリフを使う日なんじゃないか。
今の私たちにはまさにあの言葉を言う資格があるんじゃないか。
流行りなんて関係ない。

 

 

。。。。。。

 

 

 

なんて日だ。

 

 

 

 

。。。。よし目の前の現実の話をしよう。

 

 

実は今私たちは、全財産が22万円しかない。

旅行用国際キャシュカードの残金だ。
旅ももう終わりが見えている。

 

しかし罰金は25万円。足りない。

 

罰金が払えなければ3年間の刑務所。

まさかこんなところでT君とお別れになるなんて。

刑務所生活は突然に。

 

T君は英語も一切話せないし、トイレはウォシュレットじゃないと嫌だし、テレビっこだし、フィットネスジムに行かないとムズムズし出すし、潔癖?ってくらい綺麗好きだし、1回の食事で1キロの鶏肉を完食するほどよく食べる人なのに、やっていけるのだろうか。

 

否。

 

絶対に無理だ。数時間でも無理だ。

 

 

 

楽しかった旅行が一気に地獄のどん底に突き落とされた。

 

とりあえず、できることはしよう。

 

 

とにかく

 

謝り倒そう。

 

 

そこから、

とにかくごめんなさいを繰り返し、喫煙所だと勘違いしたこと、禁煙シールに全く気づかなかったこと。お金がないこと。マレーシアを旅したい事を伝えた。

 

 

私たちをつかまえた警察官はいい人だった。
一生懸命謝る私たちに、

『僕は入社3年目でなんの権力も持っていない。上司に話してみるから待っていて。』

 

と上司らしき人を呼びに行ってくれた。

 

 

やってきた上司は貫禄のある厳しそうな人だった。
私たちはまた平謝りし事情を話した。
そして完全にこっちの都合だけど、マレーシア旅を楽しみにしていて、できればマレーシアを旅したいと伝えた。

 

 

黙って私たちの話を聞いてくれた上司はしばらく考えた上で一言だけ私たちに質問をしてきた。

 

 

 

『マレーシアが好きか?』

 

 

 

 

もちろんです。と即答する。
そして、私は一度マレーシアに来たことがあるけど彼は初めてのマレーシア。
この日をとても楽しみにしていたと正直な気持ちを言葉にした。

 

 

しばらく上司は腕を組んだまま考えた。

そして口を開く。

 

 

『。。。。わかった。じゃあ今回君たちの罰金を

 

 

 

 

 

 

1万5千円にしよう。

 

 

 

へ?

 

 

 

 

ディスカウントしすぎじゃない?

 

 

 

なんでも、25万という罰金は最大罰金額らしく、状況やその人の言い分、態度などで変わってくるらしい。

 

 

お願いしておいてなんだけど、あまりにも安くなったので逆になんで?と質問してしまった。

 

 

すると上司警察官は、シーっというジェスチャーをしてて空を指差した。

 

 

そこで私たちは初めて気づく。

 

 

警察署内でX JAPANの音楽が流れていることに。

 

 

『私はX JAPANの大ファンでこの警察署でもいつも聞いているんだ。歌詞は英語部分しか理解できないけれど彼らの音楽には魂を感じる。私はX JAPANを愛している。だからX JAPANがいる国、日本も好きなんだ。』

 

 

そして罰金を本当に1万5千円にしてくれた。

 

そこからは裁判所?に提出する書類作り。証拠として吸ったたばこの吸い殻を貼り付けたりサインしたり。20分弱で全てが終了。

 

 

最後に私たちをここまで連行した警察官が声をかけてくれた。

 

『ごめんね。これが僕たちの仕事なんだ。毎日毎日空港内を循環して、違反している人に声をかけて。よく怒鳴られたり罵られたりもする。毎日たくさんの人が違反場所でタバコを吸っているからね。今回君たちを見つけたのはただのタイミングだ。たまたまあの時間に僕が通りかかった。ごめんね。マレーシア旅行を楽しんでほしい。』

 

悪いのは当たり前に私たちです。
もっと慎重に周りを見渡せばよかった。本当にすみませんでした。

 

 

旅中、不運でトラブルが起こることがたくさんある。

 

だけど今回はいうまでもなく100パーセント私たちが悪い。当たり前に。

 

下調べは重要だってことを改めて感じた出来事でした。

 

一回気を引き締め直そう。

 

 

そして、せっかく来たマレーシア。一度はあきらめかけたマレーシア旅を楽しもう。

この記事をシェアする

いいね!して、
私たちと一緒に旅に出よう!

この記事を書いた人

佐々木 舞

好きなものへは超一途! 「何とかなるか♡」で世界を駆け抜け、何とか生きて帰って来た!根っからのノーテンキ女子、トラブルトラベラー佐々木舞!

プロフィールを見る

この人が最近書いた記事

この人が最近紹介した商品

記事を書いてみる

関連記事

Pickup Member

予算はたったの99万! 一人でのんびり、自由気ままに世界を旅した旅情報ブロガー、りりー!

  • 今日
  • 今週
  • 今月

記事ランキング

  • 【美容大国タイ】迷ったらコレ!タイで絶対に買うべき女子力アップアイテム!
    0view
  • 佐々木舞33歳、本日癌宣告を受けました。
  • 【正しいT-バックの履き方】実はいいことだらけなT-バックで快適海外旅行をしよう♡
    0view
  • 【批判覚悟】海外男性から見た日本人女性のイメージは実はいい女ではなく「尻軽」!?
  • イタリア人男性は本当にプレイボーイなのか。体を張って検証してみた
  • 【美容大国タイ】迷ったらコレ!タイで絶対に買うべき女子力アップアイテム!
    0view
  • 佐々木舞33歳、本日癌宣告を受けました。
  • 【正しいT-バックの履き方】実はいいことだらけなT-バックで快適海外旅行をしよう♡
    0view
  • まとめ買いが出来る!美容大国バンコクのオーガニックショップ4選
    0view
  • 海外に興味がある地方住み女子必見!初めての海外旅行に必要な準備3ステップ
    0view
  • 【美容大国タイ】迷ったらコレ!タイで絶対に買うべき女子力アップアイテム!
    0view
  • 佐々木舞33歳、本日癌宣告を受けました。
  • 【正しいT-バックの履き方】実はいいことだらけなT-バックで快適海外旅行をしよう♡
    0view
  • まとめ買いが出来る!美容大国バンコクのオーガニックショップ4選
    0view
  • 【格安弾丸ソウル女子旅】日帰りでも十分楽しちゃう♡Risaのおすすめモデルコース
    0view

おすすめ記事

  • 【本日最終日】TABIJOCAFE♡初日の様子をご紹介
    TABIJO
    804view
  • 【今週末開催TABIJOCAFE】イベント当日のフリマや民族衣装をちょこっとご紹介
    TABIJO
    370view
  • 【TABIJO CAFE】海外に飛び出したい全ての女子のお悩みや疑問を私たちが解決します!
    TABIJO
    438view
  • 【出勤メンバー発表♡】2月24.25日の2日間限定!女子だけの旅カフェ、TABIJOCAFE開催♡
    TABIJO
    876view
  • 【ありがとうございました!】第一回ライタークイーンコンテスト終了のお知らせ
    TABIJO
    465view

お知らせ

  • 2017.1.28

    旅美女会が第一回旅イベントを開催します!その名も【男子禁制旅女子会】旅美女会メンバーと男性がいたら出来ない話で盛り上がりませんか?!
    参加者募集中♡

  • 2017.1.23

    みなさまお待たせしましたっ!旅美女会ホームページが更に使いやすく、そして可愛くリニューアル♡あーんど!スマホ、タブレット用サイトがリリースしましたー!!旅美女たちのリアルな声、旅美女たちがみた世界をどんどん発信していきますのでツイッター、Facebookと合わせてチェックしてくださいね♡