2018.04.10

【残酷な歴史】楽しいだけが旅じゃない!カンボジアにある負の世界遺産

キャサリン | 6

0 view

こんにちは!国際結婚した旦那さんと新婚旅行で世界一周に出たキャサリンです。

皆さんが旅に出る理由ってなんですか?

 

世界中の素晴らしい絶景を見たい!

世界遺産巡りをしたい!

美味しい物を心ゆくまで食べたい!

たくさんの人と出会いたい!

 

理由は十人十色だと思いますが、きっと理由の多くはポジティブなものだと思います。

そりゃあそうですよね。わざわざ仕事を辞めたり、彼氏や旦那さんとの関係に頭を悩ませたり、家族や周りの人たちを説得したりして、旅に出ようとしているんですから。

 

もちろん楽しいこと、ワクワクすることを期待して旅に出ると思います。

 

けれど、残念ながら世界には絶景や美味しい物が溢れている一方、悲しい歴史や残酷な過去、そして今尚戦争やテロ、飢餓など多くの問題を抱えている国がたくさん存在します。

せっかく一大決心をして世界に出るからには、そんな歴史や過去も勉強するのはいかがですか。

今日は私が今までに訪れた、いわゆる「負の遺産」をご紹介します。

 

今回はカンボジアのプノンペンにあるポル・ポト政権に関する場所です。

 

 

トュール・スレン虐殺博物館

写真1

S21(トゥール・スレン)は、クメール・ルージュ(カンボジア共産党)支配下のカンボジア(民主カンボジア)において設けられていた政治犯収容所の暗号名です。

2年9ヶ月の間に14,000~20,000人が収容されたと言われ、そのうち生還できたのは8人のみだったそうです。

革命に学問は不要と言う方針を打ち出したクメール・ルージュは、1976年4月頃、
無人になったプノンペンの中心に位置するこの学校を反革命分子を尋問し、
その係累を暴くための施設に転用しました。(Wikipediaより引用)

部屋には当時のベッドや囚人となった人達を繋げておく拘束具がそのまま置かれていました。
中には血の跡と思われる染みもあったり。
そう遠くない昔にこの場所でたくさんの人が苦しんだと思うと、胸が痛みます。

写真3

 

ところどころ当時の囚人の写真が飾られていて、皆が皆目も当てられない程痩せ細っていました。

別の棟には囚人達に使用した拷問道具が展示されていたり、ここで収容されていた方々の顔写真が飾られていました。

当たり前の事ですが、1枚足りとも笑顔の写真はなく、どこか不服そうな、そして不安げな表情ばかりでした。

 

写真7

ある棟の2階から上の部分の廊下にはフェンスが張り巡らされています。これは囚人達が自殺するのを防ぐ為のものです。

他にもポルポト政権の歴史の説明や、各国の要人がこの刑務所を訪れた様子が書かれたレポートなど、数々の展示がありました。

 

【トュール・スレン虐殺博物館】

住所:St 113, Phnom Penh 12304
営業時間:8:00~
17:00(変動あり)
入場料:8ドル(日本語解説のオーディオプレイヤーあり)

 

 

キリング・フィールド

写真10

キリング・フィールドは、ポル・ポト政権下のカンボジアで、大量虐殺が行われた刑場跡の俗称です。

 

これら多数のカンボジア人が殺害された刑場が、現在のカンボジア各地で「キリング・フィールド」と呼ばれている場所です。

最も有名な場所は、首都プノンペンにあった政治犯収容所S21(トゥール・スレン)に付属する刑場として造られた、チュンエクのキリングフィールドです。

 

この椰子の木の葉っぱ(剥けてくる皮の部分)で囚人達は傷付けられたそうです。

写真13

 

このキリングフィールドで行われていた残虐な行為を隠すために、クメール・ルージュは、強力な薬剤を遺体にかけて証拠隠滅しようとしたそうです。

写真14

さらには人を殺す際には大きな音楽をかけて、呻き声や叫び声を他の囚人達に隠したそうです。

ここは子供を木にぶつけて殺した場所です。もう言葉がありません。

とてもじゃないけれど、人が人にすることではないですね。

写真16

 

キリングフィールドでは今でも大雨が降ると、地上から骨の一部が出てくるそうです。
実際私達が行った時にも、明らかに骨の一部だろうなというのが地面に埋まっていました。

こう言った骨は一定の期間ごとに係りの方によって、然るべき処理をされるそうです。

 

ここキリングフィールドで亡くなった方は約17,000人。
そう遠くない昔にこれだけの人が残忍な方法で殺されたなんて・・・。

写真18

 

キリングフィールドで見つかった方のご遺体(頭蓋骨や大腿骨などの大きな骨のみ)が保存、祀られている慰霊塔です。キリング・フィールドに入って、一番すぐの目立つところにあります。

写真20

 

写真21

 

【キリングフィールド】

住所:プノンペン・カンボジア
営業時間:8:00~17:00
入場料:3ドル(日本語対応オーディオ込み6ドル)

 

カンボジアは何といっても世界遺産の『アンコールワット遺跡群』があるので、多くの旅人が訪れることと思います。

素晴らしい遺跡の一方で、今からそれ程遠くない過去に起こった悲劇。

ぜひ時間が許せば、プノンペンにも足を延ばし、一人でも多くの方に訪れて欲しいと思います。

この記事をシェアする

いいね!して、
私たちと一緒に旅に出よう!

この記事を書いた人

キャサリン

ダーリンはアメリカ人! 関西生まれの関西育ち、夫婦で世界一周中の美人人妻、キャサリン!

プロフィールを見る

この人が最近書いた記事

この人が最近紹介した商品

記事を書いてみる

関連記事

関連商品

Pickup Member

好きなものへは超一途! 「何とかなるか♡」で世界を駆け抜け、何とか生きて帰って来た!根っからのノーテンキ女子、トラブルトラベラー佐々木舞!

  • 今日
  • 今週
  • 今月

記事ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

まだデータがありません。

おすすめ記事

  • カナダワーホリへ低予算で行きたい人必読!準備費用と最初の2カ月の生活費
    Nanako
    0view
  • 温泉宿宿泊料金込みで3万円!話題の人間ドック!湯原の「温けむりドック」
    TABIJO
    0view
  • 【ロイヤルカリビアン】実は格安!海外豪華クルーズに300$で予約する方法
    佐々木 舞
    0view
  • チェコの世界一怖い世界遺産?!人骨で装飾された教会【セドレツ納骨堂】
    TABIJO
    0view
  • フォトジェニックな世界遺産「ピッシンナチュレ」への行き方、注意点
    Nanako
    0view

お知らせ

  • 2017.1.28

    旅美女会が第一回旅イベントを開催します!その名も【男子禁制旅女子会】旅美女会メンバーと男性がいたら出来ない話で盛り上がりませんか?!
    参加者募集中♡

  • 2017.1.23

    みなさまお待たせしましたっ!旅美女会ホームページが更に使いやすく、そして可愛くリニューアル♡あーんど!スマホ、タブレット用サイトがリリースしましたー!!旅美女たちのリアルな声、旅美女たちがみた世界をどんどん発信していきますのでツイッター、Facebookと合わせてチェックしてくださいね♡