2017.12.03

【祝!合格!!】《総合旅行業務取扱管理者試験 完全攻略》〜後編〜 独学での勉強の進め方と各項目ごとの細かい対策法

えりお | 27

252 view

※前回、この後編は皆さんが来年の試験勉強を始められる4月ごろお送りいたしますと通知させて頂きましたが、読者の皆さんから後編を早く読みたいとのお声をいただきましたので予定を変更し、このタイミングで後編を公開することにいたしました。リクエストをくださった皆さん、ありがとうございます!(旅美女会編集部より)

 

 

前編でお知らせしました通り、昨年の国内旅行業務取扱管理者試験合格に続き、今年は総合旅行業務取扱管理者試験に挑み、11月17日、めでたく合格のお知らせを頂きました。どちらも予備校や通信教育には頼らず独学で挑みました。

 

《総合旅行業務取扱管理者試験 完全攻略》〜前編〜 はこちら:
国内から攻めるか?いきなり総合に行くか?
http://tabijo.jp/article/erio/2017-11-travel-supervisor-pass-perfection-capture-entry11

 

こういう試験はアタマの良さ以上にいかに正しい戦略を立ててきちんと効率良く勉強していくかが何より大事‼︎

 

記憶が鮮明なうちに具体的な戦略を皆様にお伝えするべく、こちら実は合格発表前、試験受けたてほやほやの状態で、書かせて頂いております。

 

 

前編のおさらい (試験のおまかな概略)


 

旅行業務取扱管理者試験の主要科目は4つあります。

・旅行業法

・旅行業約款

・国内旅行実務

・海外旅行実務

 

合格点数はそれぞれの科目においてきっちり6割=60%

上3つ合格するとなれるのが国内旅行業務取扱管理者、4つすべて合格するとなれるのが総合旅行業務取扱管理者となります。

 

 

このページは今のところ海外記事限定であり、世界を視野に入れた皆さんがこれをお読みになっているだろうと思われ、取るとしたら当然国内だけでなく海外旅行業務が含まれる総合旅行業務取扱管理者資格であろう、ということを前提にお話します。

 

 

 

 

9月に国内旅行業務取扱管理者試験、10月に総合旅行業務取扱管理者試験が行われます。

 

今年は2つとも終わってしまったので、今から来年の試験まで1年弱。

 

 

総合旅行業務取扱管理者資格を得るための道のりは以下の3つ。

 

《1》 同じ年に国内・総合旅行業務取扱管理者試験両方受ける

《2》総合旅行業務取扱管理者試験のみの一発勝負

《3》まず最初に国内旅行業務取扱管理者試験を受け、合格したら翌年以降の総合旅行業務取扱管理者試験を受ける

 

1年で勝負を決めたければ《1》《2》、2年がかりでよければ《3》となります。

 

 

《3》の方法ですと、

前年度の国内旅行業務取扱管理者試験に合格 → 翌年以降の総合旅行業務取扱管理者試験で、「旅行業法」と「国内旅行実務」が(一生)免除

 

私はこの路線で行くこととし、まず1年目に国内に死ぬ気で合格、翌年以降、科目を半分も免除してもらえる権利を得てから総合旅行業務取扱管理者試験を受ける、という流れでいきましたので、基本的にはその流れで主に説明することにはなるものの、なるべく他のパターンで受ける方にも共通項が見出せるよう、進めていきたいと思っています

 

 

 

 

試験までの準備の進め方


 

今からか遅くとも年明けから

旅行英語や国内・海外旅行資源の情報集め(という名の旅行会社のパンフレットチェック)などの下準備始め

          ↓

最新の過去問集や問題集が発売される4〜5月から

JR運賃(会得に時間のかかる科目)を始める。

          ↓

★ラスト3〜2ヶ月★

国際航空運賃(総合受ける場合のみ)

          ↓

★ラスト1.5〜1ヶ月★

業法、約款、および国内・海外旅行実務の残りの項目を本格始動

(これらは過去問中心の学習であまり前からやっても忘れる)

 

という流れがよろしいのかな?と考えます。

ちなみに1日あたりせいぜい30分〜1時間程度の勉強時間。仕事や旅行、ブログやコラム書きの「合間」にやってる感じですね。

1日机に向かってガリガリ、ではないです。

 

私の場合、初年度は国内のみでしたので、4月からJRがんばりましたが、2年目の総合は科目免除のみで約款・海外旅行実務の2科目のみでしたので、国内合格してからゆるゆる海外旅行のツアーパンフレット集めてリサーチしながら2ヶ月前から国際航空運賃、ラスト1ヶ月で残りを詰め込んだ感じです。

 

 

 

使用参考書・問題集


 

使用した教材はこの3冊

◯ーキャン参考書&過去問題集とJTB総合研究所さんの国内観光資源テキストです。

 

実際は2016年に国内、2017年に総合を受けているので◯ーキャンの参考書と問題集は2016年、2017年と買い直しています。

問題集は2016年、最初総合受けるつもりで総合用の買ってしまいましたが、途中かや国内に切り替えになりました、が、国内用のは買ってません。

過去問は国内は全国旅行業協会、総合は日本旅行業協会(JATA)のサイトからそれぞれ過去5年分の問題と解答のPDFファイルダウンロードできます。解説はありません。

総合の過去問題集のなかの国内旅行業務の問題&解説と、ダウンロードした国内の過去問&解答で足りました。

 

 

あと、電車の中などで気軽にお勉強ができるこちらのアプリもあわせて使用。

こちらもJTB総合研究所。

アプリダウンロードは無料、問題ダウンロードする際に課金されます。

良問揃いで、通勤中にスマホでお手軽にお勉強できるのはよかったです。

 

 

さて前回のおさらいですが、この試験の大きなヤマで合否を分ける(あるいは途中で挫折したりやる気をそがれる)項目はズバリ以下の3つと言いました。

JR運賃計算(国内旅行実務

国内観光資源(国内旅行実務

旅行英語(海外旅行実務

 

 

というわけで、

 

国内旅行実務


 

いきなりここからかよ?と思われるかもしれませんが、この科目、国内・総合旅行業務取扱管理者取扱管理者試験双方に共通してJR運賃計算国内観光資源という。大きなヤマ場項目を抱えております。まず真っ先に書かせて頂きます。

 

まず注意すべきは国内旅行業務取扱管理者試験と総合旅行業務取扱管理者試験では国内旅行実務の各項目の配点がちがうこと。

 

前回詳しく書きました。

国内旅行業務取扱管理者試験は、全国旅行業協会(ANTA)

総合旅行業務取扱管理者試験は、日本旅行業協会(JATA)

と、問題を作る機関が違うからです。

 

いずれも100点満点、合格ライン60点、というのは同じ、ですが…

 

総合旅行業務取扱管理者はここ数年は一貫して

JR関連 5点×9問 = 45点

国内航空運賃・料金 5点×3問 =15点

国内観光資源 2点×20問 = 40点

ホテルや貸切バス、フェリーは平成24〜28年の過去5年では皆無

 

 

一方の国内旅行業務取扱管理者試験、まず

国内観光資源の配分が44点〜67点と定まっていない(えりおが受験した平成28年は51点)

JR運賃・料金 4点×6問 = 24点

国際航空運賃・料金 4点×2問 = 8点

残りは宿泊料金、貸切バス運賃・料金、フェリーの運賃・料金からランダムに!(◎_◎;)

えりお得意のJR運賃計算の比重は総合旅行業務取扱管理者試験ほど高くなく、しかも去年なんて久しぶりに貸切バスの問題数が増えてたり、

総合ではまずお目見えしないホテルやフェリーだってポッと出されるのでノーマークというわけにはいきません。

 

実はえりお、これを知っていったん凍りました笑

 

最初、総合旅行業務取扱管理者を受けようとしていたときは、国内観光資源はどっから出題されるか読めないうえに1問あたりわずか2点と比重が低いため、あまり時間をかけず40点中10〜15点ぶんだけくらいをおさえ、のこりの50点は確実に出される内容が読めるJRと航空で、取れる公算でした。

 

が、しかし、1年目は国内旅行業務取扱管理者のみとする!と決めた地点でこの作戦は大きく変えねばいけなくなりました。

 

JRと国内航空が32点、これはここのところ固定されておるので、ここは、確実に9割〜満点を狙う。

残り30点強を宿泊料金、フェリーや貸切バス、国内観光資源から捻出。

 

ということで、最初はほぼ捨てようと思っていた国内観光資源が無視できなくなってしまったのです。

 

 

なのですが、割と早く立ち直りました。

 

なぜならば、国内旅行について詳しく、観光スポットなどを勉強するのが楽しかったから(゚∀゚)

 

基本的には日本大好き❤︎な私です。

勉強すればするほどニッポンの素晴らしさ、奥深さを再確認ヽ(゚∀゚)ノ

 

実際に訪れて確認したところもありました笑

 

とはいえ、

当初40点中10点〜15点(つまり2割5分の正答率)取ればいいや、と思っていたものを、半分にまでなんとか引き上げようと、いう程度です。

基本的には出題内容が固定されていて、答えの出し方の決まっているJR、航空、宿泊、フェリー、貸切バスで確実に得点し、残りを国内観光資源で補填する作戦に変わりありません。

 

 

※ちなみに実際の試験では前半は満点をたたき出し32点、国内観光資源は51点のうちなんとか22点を捻出し、宿泊料金と貸切バス17点中1問間違いのみで14点、合計68点でパスしましたので、ほぼ公算どおり、となりました。

 

 

 

以下、各項目で私が実践した勉強方法です。

 

 

国内観光資源

ネットもありますが、手っ取り早くは各旅行会社のパンフレット。

どこの会社でもよいですが、最強なのがこういうやつ

思い出してください、この試験、旅行会社の支店長となるためか、旅行会社を開業するためのものです。

 

旅行会社が目をつけるようなツアーのルートから出る確率が高いに決まっておるのです。

 

お祭りや世界遺産もそう。メジャーなお祭りは旅行会社の各ツアーパンフレットにも取り上げられています。

 

このテのツアーで使用されているルートを先に挙げたJTB総合研究所のテキストに印つけたり、

 

温泉地をチェックしたり、

 

世界遺産をひとしきりチェックしたり、

あとはお祭りやお食事など、

 

JR運賃で勝機がつかめてきてからは、半分取れればいいやと、

主要な旅行パンフレットに載せられているもののみ、ヤマはって覚えました。

 

 

JR運賃・料金

年明けて、4月〜連休前後になるとその年度の最新の情報を加味した問題集や参考書が出てきます。

国内旅行業務取扱管理者試験はその年の6月1日に有効な情報(法律や運賃改正、世界遺産など)、総合旅行業務取扱管理者試験は8月1日に有効なものが使われます。なので必ず最新の情報が書かれているものを買ってください。

 

これらを購入してから試験まであと約半年、参考書を手に入れて何よりまず最初に取り組むべきは「JR運賃計算」です。

マークシート試験なので実際は答えや数式は選択肢に書かれている状態です。が、この段階ではあえて1から計算して実際に運賃を出すようにしてください。

出どころはJRのみでプロセスを間違えなければ必ず答えは決まってるんです。答えに至る過程は1つだけで、必ず答えは出て、その答えはたった1つだけなんです。

これがまずどこから何が出てくるかが読めない国内観光資源と違うところ。

こうした数式系の試験全般に当てはまることですが、大変ではあっても、いったんマスターすれば確実に得点を狙える。あわよくば満点も視野に入るのが大きな特徴であるところ。

ただ答えに至る過程をじっくり時間をかけて考えない人の多いこと。

大切なのは答えが合っているかあってないか、ではなく、

どのようなプロセスでその答えに至るか、なんです。

ここにとにかく時間をかけてください!

大学受験時、決して数学を得意としていなかったえりおが言うので本当です。

とにかくどうやって計算を進めていくのか、じっくり考えながら少しずつ進めてください。

答えはそののち、たまたま出るものです笑

そのくらいに考えてください。

 

ちなみにここをじっくりやってみるとわかります。

JR各社の利益を損なうことなく、なおかつお客さんにも極力お得に利用してもらいたい。

それゆえのあの複雑な計算過程であることが。

迷ったときに、お客さんにもJR各社さんにもメリットあるだろうほうを選ぶと正解に近寄る確率がアップしますよ。なんとなく頭に入れておいてみてください。

私はこれでJRさんがちょっと好きになりました笑

 

試験近くなったらいよいよ過去問、

このとき、今まで1から式をたてて答えを出すことから、あらかじめ答えが4通り表示されてる中から選ぶマークシート方式に切り替わるまけですが、

計算するまえに必ず答えの選択肢を見てください。

きちんと1から数式をたてる練習をしていれば、答えの選択肢から「どこをひっかけたいのか」確実に読み取れます。

 

このように、少し難しいところから簡単なところに立ち返る、というのが高得点を狙うコツですよね。

私はこれでJRを攻略しました。

 

 

 

海外旅行実務


 

これはこの間受けたばっかりなので、さらに記憶が新しいうちに!!

 

これは合計200点満点 合格ライン120点(=60%)

 

点数の内訳は

 

 

得意・不得意が分かれる、合格を左右しうるもの

旅行英語 5点×8問 = 40点

海外観光資源 2点×20問 =40点

 

確実に得点すべきもの

国際航空運賃計算 5点×8問 = 40点

旅行法令(パスポート)5点×4問 =20点

外国人の出入国 5点×1問 = 5点

税関・検疫 5点×3問 = 15点

時刻表読み取り・時差・最低乗り継ぎ時間 5点×3〜5問 = 15〜25点

 

と、ここまでの項目までで175〜185点ぶん網羅されており、これだけでじゅうぶん120点を確保しうるのはお分かり頂けると思います。

 

 

あと残り15〜25点はというと、

もし出てうまくいけば取れる、くらいにしたもの

鉄道・ホテル・クルーズ 5点×1〜2問 =5〜10点

ビザ必要・不要 5点×0〜1問 = 0〜5点

 

えりおは完全に無視した(捨てた)もの

航空会社・都市・空港コード 5点×2問 = 10点

 

 

海外観光資源のみ1問2点、あとはぜんぶ1問5点です。

 

 

 

 

まず受けたてほやほやの感想、

 

以外と試験時間に余裕がない!(◎_◎;)

 

計算は早め、英語はマッハスピードで読めるレベルの私でもギリギリでした。

 

この科目の敗因の1つが「試験時間が足りないこと」のようです。

 

 

航空・都市コードはどうがんばってもたかが10点、他で取れる公算じゅうぶんありましたので真っ先に捨てました笑

こんなの覚えるのに時間費やすくらいなら、他にべきやること沢山あります。

 

 

1つ目のヤマ場はまず旅行英語

 

これが得意でホテル予約サイトを英文で、サーっと読めるレベルの方は海外旅行実務、そこまで脅威に思う必要ありません。必要なのは時間配布に気をつけることだけです。

 

コツとしてはまず英文より先に設問と答えの選択肢からみること。

 

全文よんでから答えようとするから嫌になるのです。えりおも英語は得意とはいえ文字アレルギーです。日本語だろうが英文だろうが進んで読みたくもない長い文を最初から通しで読むのが辛いのは同じです。

 

設問先にみて、答えるのに必要なとこだけ読む、とするだけでもだいぶ気がラクになります。

なんといっても答えの選択肢としてご親切にも一部の英文が和訳されていますよね笑

 

全部の設問を網羅すると、結果的に全文読むことにはなるのですが、一部日本語と対比して読める箇所ができることとなりますし、何より楽な気分で読めます。

 

 

試験に出るのは単なる英語じゃなく「旅行」英語です。

ホテルやクルーズを英語で予約したり、英語でメールのやり取りの際の「予約プラン詳細」「キャンセル規定」などの独特の言い回しや単語の使い方があります。普段の旅行のとき英語サイトも見てみるなど、業務用な言い回し慣れる必要があります。

私はホテルは経験ありますがクルーズは慣れていなかったので、少し慣れるのに時間を要しはしました。

 

 

2つ目のヤマ場は国際航空運賃

 

単純に

マイレージ加算の有無チェック → HIPチェック → CTMチェック

をこの順番で反復するだけなので、とにかくそれをアタマに叩き込むこと、

 

あとは運賃ごとの細かい規定や例外措置(マイレージ加算、HIP/CTMチェック不要)などを見逃さず、ひたすら過去問を解く、と。

 

確実にモノにすれば極力取りこぼさないで済むところなので、徹底的にやりました。

 

 

海外観光資源

 

ここも国内と同様、1問あたりの配点が少なく、間違えてもダメージが少ないので、あまり深入りはしませんでした。

国内のときほど大変ではなく、旅行パンフレットチェックと過去問だけやってれば半分は確保できることがわかりましたので、無理せず20点取りにいきました。

 

 

時刻表読み取り・時差・最低乗り継ぎ時間

 

表に全部書いてあることそのまま実行に移すだけですから、時間かけてる場合じゃありませんよね。ささっと、確実に。取りこぼしてはなりません。

 

あと場合により間違えてしまいそうなのが関税の計算、

ここも1問だけなので、間違えてもいい覚悟で過去問だけやりました。結果、本番では取れたのでよかったです。

 

その他の分野は日が近くなったら徹底的に過去問を押さえに行けば取りこぼすことはないでしょう。

 

 

旅行業法・約款


 

何ってこれといって書くことないです。

 

運転免許取るときの試験ありますよね?

あれができた人なら必ず受かります笑

 

試験1〜2ヶ月前から、参考書をさらっと読んだのち過去問中心に反復演習すれば、まず6割はとれるかと。

 

強いていうなら約款のところで募集・受注方企画旅行と手配旅行それぞれの約款の違うところをやたら突かれるのでそこはきちんと整理すること。

 

あとANTAやJATAもバカじゃないので、過去問になかった切り口や選択肢がたまに混ざってきます。

が、仮にそれを取りこぼしたとしても過去問の知識だけで解けるところを、取りこぼさなければ、6割は必ずいくので、いちいち動揺しないこと。確実に取れるところをきちんとおさえることに終始することです。

 

 

以上、長くなりましたが、試験の記憶が薄れないうちにわたしが覚えていることのありったけを詰め込みました。

これが少しでも多くの方のお役に立ちますよう…心よりお祈りしています。

 

ご武運を‼︎

 

この記事をシェアする

いいね!して、
私たちと一緒に旅に出よう!

この記事を書いた人

えりお

日々、次の旅の事しか考えていないフリーランス医師。人生そのものが旅です❤︎

プロフィールを見る

この人が最近書いた記事

この人が最近紹介した商品

    現在商品はありません。

記事を書いてみる

関連記事

Pickup Member

彼氏が突然世界一周!ビックリしたけど付いてっちゃった! 明るい楽天的旅美女、ちあき!

  • 今日
  • 今週
  • 今月

記事ランキング

  • 世界一周者が考える!世界の優しい国ベスト3!!
  • 【結果発表】初代ライタークイーン決定!!!
    0view
  • 【イベント開催】2日間限定!女の子だけのTABIJOCAFEオープン♡
    0view
  • 【両耳が聞こえないハンデを乗り越え世界へ!】音のない世界を一周して。
    0view
  • 【出勤メンバー発表♡】2月24.25日の2日間限定!女子だけの旅カフェ、TABIJOCAFE開催♡
    0view
  • 【両耳が聞こえないハンデを乗り越え世界へ!】音のない世界を一周して。
    0view
  • 【結果発表】初代ライタークイーン決定!!!
    0view
  • 【イベント開催】2日間限定!女の子だけのTABIJOCAFEオープン♡
    0view
  • 世界一周者が考える!世界の優しい国ベスト3!!
  • 【海外で働く新しい形】エクスチェンジワークって一体なに?
    0view
  • 【両耳が聞こえないハンデを乗り越え世界へ!】音のない世界を一周して。
    0view
  • 【イベント開催】2日間限定!女の子だけのTABIJOCAFEオープン♡
    0view
  • イタリア人男性は本当にプレイボーイなのか。体を張って検証してみた
  • 世界一周に期待をしてしまっている人は世界一周に行くべきではない理由
  • 【出勤メンバー発表♡】2月24.25日の2日間限定!女子だけの旅カフェ、TABIJOCAFE開催♡
    0view

おすすめ記事

  • 【TABIJO CAFE】海外に飛び出したい全ての女子のお悩みや疑問を私たちが解決します!
    TABIJO
    170view
  • 【出勤メンバー発表♡】2月24.25日の2日間限定!女子だけの旅カフェ、TABIJOCAFE開催♡
    TABIJO
    480view
  • 【ありがとうございました!】第一回ライタークイーンコンテスト終了のお知らせ
    TABIJO
    251view
  • 【イベント開催】2日間限定!女の子だけのTABIJOCAFEオープン♡
    TABIJO
    1,178view
  • 第一回ライタークイーンコンテスト開催のお知らせ♡
    TABIJO
    598view

お知らせ

  • 2017.1.28

    旅美女会が第一回旅イベントを開催します!その名も【男子禁制旅女子会】旅美女会メンバーと男性がいたら出来ない話で盛り上がりませんか?!
    参加者募集中♡

  • 2017.1.23

    みなさまお待たせしましたっ!旅美女会ホームページが更に使いやすく、そして可愛くリニューアル♡あーんど!スマホ、タブレット用サイトがリリースしましたー!!旅美女たちのリアルな声、旅美女たちがみた世界をどんどん発信していきますのでツイッター、Facebookと合わせてチェックしてくださいね♡